ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

Netflixでハリーポッターを全部見てしまった

最近、Netflixでハリーポッターが見れる。

ぜーんぶ見れる!

なので、見てしまった。

 

昨日はバイトがあり、

家に帰ってきたら10時26分だったわけだが、

そこから、死の秘宝Part2を見てしまった。

 

今日は朝早くから研究所に行かないといけなかった。

それなのに、死の秘宝を見たのである。

ということは、睡眠時間がすごく短い。

 

最近は睡眠時間が短い傾向が続いているが、

他でもないハリーポッターのせいである。

 

ハリーポッターを見ていて思ったのは、

ヴォルデモートって、

なんであんなに闇の者感がハンパないんだろう?

っていうことだった。

 

ヴォルデモートには闇の勢力のテンプレみたいな要素がふんだんに盛り込まれているように思う。

 

闇の勢力のテンプレみたいな要素っていうと、

例えば、

・衣服が黒い

・血族主義者で、かつ差別主義者

とか、

 

衣服が黒い。

これはわかりやすい。


f:id:zakioza:20230125130532j:image

もう、見たらわかる。

闇の勢力やん。見た目的に。

 

後半は、思想的な闇の者感である。

 

基本的にヴォルデモートは、

魔法使いの種族(純血)を贔屓(ひいき)している。

死の秘宝でも、魔法使いを殺すのは心苦しいみたいなことを言っている。

 

魔法使いの種族=優れた種族!

俺らは特別で、マグル(魔法の使えない人間)は劣った種族なんだ!

だから、今のように、魔法使いが社会から阻害されているのはおかしい!

俺らが支配するべきだ!

魔法の力を使って、世界を支配してやる!!

 

っていうのが、ヴォルデモートの中にある思想的な部分なのだと思う。

 

でも、これって、現実の世界にもいるのではないかと思う。

 

狭い範囲で考えれば、

学校の先生には、ヴォルデモートみたいな思想の人もいたような?

先生は優れていて、生徒は劣っている。

生徒は先生の言うことを聞くべきだ!

みたいな価値観の人のことである。

 

もっと広い範囲で言えば、

ロックフェラーとかロスチャイルドとか?

彼らより上の階級で、

名前すら出てこないような超貴族とか?

 

陰謀論って言われているものには、

必ず血族主義が根底に流れている。

支配しようとする人たちには、

優劣の価値観が根強くはびこっているから。

 

支配っていうのは、

優劣の価値観が必要。

でも、縄文とかの日本民族には、

そもそも優劣の価値観がなかったんじゃないかなと思う。

 

そういう思想的価値観が輸入されたのは、

中国からの渡来人経由で、

たぶん縄文にはなかった価値観なのではないかと思う

 

根拠はない。

今から検索するのでちょいお待ち。

 

検索中

 

縄文時代には、暴力による死亡率は1.8%と極めて低かった――そんな研究成果を、山口大学と岡山大学の研究グループが3月30日に発表した。

https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1603/31/news089.html

縄文時代 平和で検索したら出てきたので、

たぶん暴力が少なかったということは、

それなりに平和で、

支配とか奪い合いがメインの生活ではなかったようだ。

 

反論する記事もあった。

でも、そういう記事出してるのは朝日新聞なので、信用ならないなと思います。

日本のことを嫌いになるような情報に偏向して報道するのが朝日新聞クオリティなのでね。

 

とまーそんな感じのこともヴォルデモートから連想することができるなーと思ってしまったわけです。

 

ほかにも、小学生、中学生のときに見たときには気づけなかった、もしくはわからなかったところが、

腑に落ちたような感じがして、

 

例えば、死の秘宝Part2で、ヴォルデモートのいるところにハリー一人で乗り込んでいく場面があって、

そのときに、アバダ・ケダブラ(死の呪文)をかけられるのに、ハリーが生き残っていて、

なんでなんやろ?と

思っていたのだけれど、

ヴォルデモートの分霊箱としてのハリーを

殺しただけであって、

ハリー自体を殺せたわけではなかった!

ということだったんだなー。

とわかったり。

 

三途の川的な、死者と生者の狭間の空間みたいなところで、ダンブルドアに出会って、

ダンブルドアが意味深な発言を連発するのですが、

それについても、なんとなーく理解することができたわけでありました。

 

ハリーポッターは名作だなーと思う。

なんでかといえば、歳をとると理解が変わる作品だから。

名作の定義の一つに、そういう解釈力の変化によって物語の理解度が変わるっていう基準があって、

それに合致しているなーって思いました。

 

ということで、昔見たけど、最近はハリーポッター見てないなーっていう人にめちゃくちゃオススメです。

まだ見てないなーっていう人にもぜひ見てみてほしいなーと思います。

 

個人的には、炎のゴブレット、不死鳥の騎士団が好き。

 

では!!!!!!!