ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

卒論が終わる気がしない件

卒論の提出がせまっているのだが、

なんか、解析するデータが多くて、

しかも、そのデータが研究所に行かないと取れなくて、

しかも、解析しないといけないデータが今も増え続けている。

 

こんな感じだから、全く卒論が書き終わる気がしていない。

 

今やれることはやっている。

 

例えば、背景とか、実験体系とか、

そういうのは、もうほとんど書き上げた。

 

でも、実験結果が出てこないことには、

卒論にならない。

 

卒論の提出は、約二週間後。

 

果たして、僕は卒論を提出できているのだろうか?

 

いや、提出しないと、卒業できない。

せっかく、あれだけの運を使って、

院試に受かったのだから、

意地でも卒業させてもらう。

 

どんなことがあっても、卒論を書き上げないと。

 

そういえば、

卒論書こうと思っていると、

ちゃんと生活できるのが面白い。

 

普段の僕は、無限ネットフリックスの沼にすっぽりハマってしまっているから、土日なんか無いに等しいのだけれど、

 

最近の土日は数時間は卒論のことを考えたり、

卒論の作業を行っているから、

それなりに生産的な生活になっている。

 

土日は、ということで、

平日がそうだとは言っていないが笑

 

平日はゼミでもない限り学校に行かないし、

寝ほうけて、自己嫌悪して、また寝ることが多い。

 

人間って、何かやることがあるとか、

行くあてがあるとか、

そういう外的な要因に動機づけられると

意外とちゃんと生活できる。

 

浪人生のときに、

それは痛いほど体験した。

人間にとって、

自由というものが、いかに扱いにくいのか、

ということは神様に往復ビンタされるがごとく体感させられた。

 

そう考えてみると、

今の現状は、

割にいい状況なのかもしれない。

 

まあ、差し迫る締切に

あくせく働く漫画家のような気持ちだ。