ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

今年は年賀状を1枚だけ書いた。

今年は年賀状を1枚だけかいた。

一人の友人に向けて書いた。

1枚だけ年賀状を書いたわけだけれど、

1枚だけの年賀状なら、どれだけでもオリジナリティを生み出せる。

僕の記憶では、小学生のときや、中学生のときには、

父親に頼み込んで、好みのイラストを選び、数枚印刷してもらっていた。

そのように作る年賀状は、オリジナリティのかけらもなかったと思う。

せいぜい、挨拶程度に書く文章にオリジナリティが出るくらいのもので、

独創性という本来の意味のオリジナリティは全くなかった。

 

それに比べて、今は、オリジナリティを発揮させた年賀状がかけるようになった。

なぜなら、そもそも父親に頼み込めないし、

年賀状のイラストがまとまっているツールのようなソフトやらPDFやらをダンロードする気がないからだ。

 

今年の年賀状はどんなものになったか、

それは、今はかけない。

 

その一人の友人がこれを見ているかもしれないからだ。

 

その一人の友人も、オリジナリティの塊のような年賀状を毎年送りつけてくる。

 

彼に対抗しようとすればするほど、

僕も1枚の年賀状に対して、

躍起になってしまうわけだが、、、

 

まあそれはいいことだと思われる。

 

手仕事の日本

っていう、

柳の本を読んでいる。

 

 

 

もともと、年賀状も手仕事によって生み出されてきたはずだ。

 

大量生産された機械的なものではなく、

一人の人間が知恵を絞って、どうにかこうにか面白く書けないだろうか?

という思考を張り巡らせて作られていたはずだ。

 

僕は年賀状が少なくなって良かったと思う。

たくさん書こうとするから、

大量生産が必要になるわけだし、

年賀状の本来性を失わせることになっていたわけだから。

 

自分にとって、大切な人のために、知恵を絞り、ひらめきを生み出して、

どうにかこうにか面白い年賀状を1枚だけ作りだす、

これって、どうにも民藝って感じがして、すごく心地が良い。

 

そんなことを思うのでした。