ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

AIが知的労働の大半を担うようになるのなら、就活する意味はないのかもしれない。

落合陽一氏のYou Tubeを見て、

AIの進化が凄まじいことを学んだ。

そこから考えてしまうのは、

わざわざ就活してまで会社に就職する意味とは?

ということである。

 

AIに言わせれば、そんなものはない。

ということになるのだろうし、

就職したところで、何十年も働くわけではなさそうだ。

 

昔だったら、何十年も過ごす会社を選んでいたわけだから、就活という行為には重みが伴っていたし、

だからこそ、就活というものが機能していたのだと思われる。

 

でも、あんなにAIが進化してくれるなら、

就職の価値は相対的に下がる。

 

あのスピードでアウトプットをする圧倒的に生産性の高い知能と戦っても勝てないのは目に見えている。

 

戦っても勝てないものに勝負を挑むつもりはないし、

そもそも戦意喪失しているから、そんな発想にもいたらない。

 

どうせ就活して就職したとしても、

働かなくてはならないのはあと何年くらいだろうか、と考えてしまう。

 

言うならば、就活することのコスパが悪い。

と思ってしまうわけだ。

 

就活しようがしまいが、

AIは発達してくれるし、

今後数年で僕が頑張る必要性は霧散してしまう。

 

別に悲観しているわけではない。

働かなくていいなんて天国やん。

って思っている。

 

仕事なんてしなくても生きていけるなら、

そのほうがいいと思う。

 

何をしていいのかわからない病は

ある意味健全だと言える。

 

本当に誰にもよくわからないのだから。

 

これから就職する世代は、より就職する意味がわからないだろうし、

就職しても働くのは長くて10年というところ。

 

たかが10年働くだけなら、

もっとカジュアルな就活になるのかもしれない。

 

人生において、無駄なものは愛しい。

就活という絶滅危惧文化を愛でるのもまた一興なのかもしれない。

 

将来、AIに、俺、就活したことあるんだぜ。って自慢する日が来るのかもしれない。

だって、AIに就活はできないのだから笑笑

 

そんな笑ってしまう未来は近いのかもしれない。

 

いや、AIが就活する日もそう遠くはないのか?笑笑