ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

なんか知らないけど院試は受かってたっていう衝撃

あの、一つ、読者の皆様に謝罪しなければならないことがあります。

 

zakiology.com

zakiology.com

これらの記事におきまして、

めちゃくちゃ落ちた落ちたと騒ぎ倒していたのですが、

結果から申し上げて、受かっておりました。

本当に、申し訳ありませんでした。

心配させてしまった方々には、本当に謝っても謝りきれない思いでございます。

 

それで、ここからは、その衝撃を受けたときのことについて書いていこうと思いますが、

浮かれてるお前の話なんて読みたくねー、

という方は、ここで読むのをやめていただいたほうが良いかと思います。

 

で、正直に申し上げて、受かる要素がどこにあったのか、

全くわかっていないのです笑

完全に落ちたと思って過ごしておりまして、

なんなら、もう就活の準備を少し始めておりました笑

にも関わらず、蓋を開けたら、僕の受験番号が明確にそこに存在しており、

何回ほっぺたをつねったところで夢から覚めることはなく、

夢ではないことを確かめるために、

ドキュメンタリーを自撮りしつつ、

それを方方にラインで送ったのですが、

それは今でもちゃんとオンライン空間上に存在しているのです。

ということで、これはもはや事実なのでしょう。

まだ合格通知が届いていないので、

もしかすると、ここからどんでん返しが起きて、

受かっていないのかもしれない。

そんな不安がどうしても拭いきれません。

何しろ、本当になぜ受かったのか理解不能なのでございます。

受かっていることを確認したときの、

ええええええええええ、

という文字を体現したような、

えも言えぬ顔を見せてあげたかったのですが、

それくらい、えええええええええええ、な体験です。

 

え、受験番号、あるやん。

え、俺受かったんや。

え、まじで?

え、なんで?

え、あれで受かるってどういうこと?

え、本当にこれは現実なのか?

え、現実と夢の境目ってなんだ?

え、いやそれは今はどうでもいい。

え、本当に受かってるの?

え、でも数字は何回見てもかわらないよ。

え、じゃあ受かったんか。

え、

え、

え、

え、

うそやん。どんだけの取り越し苦労やねん。

 

絵に書いた取り越し苦労すぎて、言葉が出ませんでした笑

ということで、無事受かってましたよ。

という報告でした!

これからは、もっと頑張っていくので、

今後ともZAKIOLOGYをお楽しみください!

本当に、心配をおかけしました!

心配してくれた方、ありがとうございました!

では!