ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

食わず嫌いしていた「未来のミライ」を見たが、めっちゃ面白かった!

 

未来のミライ

未来のミライ

  • 上白石萌歌
Amazon

前から時間があったら見ようと思って、

ずっと見ていなかったのだけれど、

さっき見た。

 

なのでレビューしておこうと思う。

※以下ネタバレ含む※

 

率直に言って、めっちゃ面白かった。

アマゾンのレビューが低い理由が全く理解できなかった。

 

それにしても、アマゾンのレビューは参考にならない。

こんなに面白い映画が、星3つになってるのは意味不明。

 

今後は、アマゾンのレビューが低くても全く気にせず見ようと思った。

 

内容についてだが、簡単に設定を説明すると、

 

家の庭にある木が、時間を司るインデックスになっていて、

くんちゃん(主人公)がタイムトラベルをする物語。

 

冒頭はよくあるインナーチャイルド的な話。

兄弟が生まれると、上の子はさみしい思いをする。

だから、なにかと親の気をひこうとするし、

親の方はいっぱいいっぱいになっているから、

怒鳴ったり、叱ったりして、

知らぬ間に上の子を傷つけてしまっているものだ。

その怒鳴ってしまう親自身も、

自らの子供時代には怒鳴られまくって、

傷ついていたりする。

 

子どもは正直だから、

愛情が足りないよ!って

手を変え品を変え、親に訴え続けているのだけれど、

構ってもらうことができない。

 

そこから、くんちゃんは、家族の歴史に触れていく。

家族の歴史に触れていくことで、

くんちゃんは、成長していく。

それまでは、愛情を求めて、泣きわめいていただけだったのだけれど、

ひいおじいちゃんに会ったことによって、

変化していった。

 

なんでひいおじいちゃんに会うことで、

くんちゃんは変わることができたのだろうか?

 

それは、かっこいい!

と心底思える大人に出会ったからだ。

 

親をそうやって心底かっこいい!って思えたらわけないのだけれど、

現実はそうは思えないものだ。

 

だいたいにおいて、

憧れの人は、第三者になる。

 

そして、そういう「超絶かっこいい第三者」に出会うことで、

人は成長していくのではないだろうか?

 

印象的なシーンがもう一つあって、

未来の東京駅で迷子になるところ。

ソース画像を表示

 

 

ここで、くんちゃんは、

ごねるのをやめたのだった。

 

未来ちゃんが、黒い新幹線にひきずりこまれそうになるところを、

ギリギリのところでくんちゃんが助け、

くんちゃんが未来ちゃんの兄であることを宣言する。

 

人間って、なかなか変われない。

やらなきゃいけない人生の課題があるとしても、

どうすることもできなくて、

先延ばしにしてしまう。

その課題と向き合うのは苦しいし、

精神的な成長を否応なく求められるから。

でも、いつかそれを克服しなければならない瞬間はやってくる。

 

その瞬間が、未来ちゃんが黒い新幹線に引きずり込まれそうになる瞬間だった。

 

あの一瞬に、人間の精神的な成長がつまっている。

苦しいし、嫌だし、投げ出したいけれど、

それでも助けなきゃ!

っていうやむにやまれない純粋な気持ち、

それに突き動かされなきゃ、

人生の課題はなかなか精算されない。

でも、それを精算しないことには成長できない。

 

そういうことを示していたのではないかと思う。

 

とにかく、まだ見ていない人は見た方が良い。

プライムビデオの見放題期間がもうすぐ終わるので、気になっている方は早めに見ておくことをオススメしておきます!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

では!