ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

最近はなにも事件性のあることが起きていない。

最近はやることが固定化されている。

何をやっているかと言えば、

院試の勉強と、自動車学校に通っているくらいだ。

バイトは週二回に減らしてもらったから、

バイトしているというより

暇つぶしをしに行っている感じだ。

暇つぶしとかいうと、

語弊があるけれど、

ちゃんと仕事はしているし、

誰も掃除をちゃんとしないから、

誰にも感謝されないが、

陰徳だと思って掃除も自ら無給で行っている。

別にだから偉いとも思っていないし、

掃除なんて気づいた人がやればいい。

 

やることがないわけではないけれど、

なんとなく張り合いがない。

生活に張りがないのだ。

できれば、もう少しチャレンジングで面白いことがあればいいのだけれど。

 

まあそう思ったがゆえに新たなバイトを6月から始めることにしたのだけれども。

 

六月まではゆうてヒマである。

院試の勉強はほぼ暇つぶしである。

面白くないわけではないし、

簡単なわけでもないけれど、

まだ暇つぶしの域を出ていない。

 

放射線の本を読んでいるのだけれど、

まあわけわからん。

わけわからんと言っても、

いろんな種類のわからなさがあるわけだが、

放射線に関していえば、

用語を覚えていないから、いちいち用語の確認をしなければならない。

それがわからなさを生み出しているような気がする。

 

たぶん、そこを超えてしまえば、たいしたことない。

それを超えるのが難しいのかもしれないのだけれど、

めちゃくちゃ難しい式変形が出てくるわけでもないし、

全く納得できないような概念が出てくるわけでもない。

 

放射線と言っても、結局は電離が基本だから、

電磁気学の延長であるし、

ちょっとだけ細かい内容になっているだけである。

 

あと愚痴っておくのは、

本が不親切であることくらいだが、

今の時代、ヤフー知恵袋を覗いてみると、

どこかのだれかがすでにどこかのだれかに質問していて、

親切な人がそれに回答しているのだから便利なものだ。

 

ここまで読んでもらった人にはよくわかると思うが、

何も事件性のあることは起きていないし、

特筆しなければならないようなことはない。

それでもブログを何日も更新しないのは、

ブログ愛が痛むから、書いてみた次第である。

 

研究室よりお届けしました。

以上!