ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

【書評】宮下奈都さん 「たった、それだけ」 逃げるってどういうことなのだろう?

「すごくつらいのか?」

「それほどでもない」

自然に顔じゅうに笑みが広がるのがわかった。今、よく考えてみたら、それほどつらくない。どうしてつらいと思い込んでいたのだろう。ほんとうにつらいのはそんなことじゃない。

駄目になっていく自分をみすみす見逃すほうがずっとつらい。

「けど、あんまり高校へ行く意味が見いだせない」

「ふうん」

「じゃあかまわないじゃないか。逃げるように見えても、地球は丸いんだ。反対側から見たら追いかけてるのかもしれねーし」

 「たった、それだけ」第6話から引用

 

 逃げるのってどういうことなのでしょうか?

逃げるのって、悪いことなのでしょうか?

 

僕は人生には逃げるべき時があるように思います。

一つは、死ぬほどつらいとき。

もう一つは、大切なものを守るとき。

 

死ぬほどつらいなら、逃げてしまえばいい。

それで生き延びて、また立ち上がったら前よりは良くなっているかもしれない。