ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

ブログを続けられるのは孤独だからだ

僕がブログを続けられているのは、孤独だからだ。

僕は友達が少ない。

最近なんて滅多に友達に会わない。

話も合わないし、行きたい場所も合わない。

食べたいものも合わないし、着たい服も合わない。

そんな感じなので、基本的に僕は孤独である。

回避性について前に書いたけれど、

結局、こだわりが強ければ強いほど、理解してもらえない。

こだわりがあるからこそ、孤独になる。

すごい技術をもった職人ほど孤独になるのは、それを理解してくれる人がいないからだ。

ブログも同じ。自分なりのこだわりを持ってブログを書いていたら孤独になる。

共通の話題をもった人に出会わなくなる。

しかし、元来ブログというものは、孤独でなければ続かない。

口達者な人はそもそもブログを書こうとは思わない。

なんでもかんでも口からアウトプットされてしまうからだ。

 

人に会っても、言いたいことが言えずにモヤモヤする。というか、その場でパッと言葉が出てこない。

そういう人間がブログを書き続ける。

誰にも見られていなくても更新し続ける。

口から発散できないエネルギーが文章になって発散されるのだ。

 

僕は孤独である。だからブログを書けるのだ。