ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

相対主義と回避性愛着障害

世の中ソフィストに溢れかえっている。

だいたいの人は詭弁家だし、僕もソフィスト的になっているときはある。

ソフィストにNOを突きつけた人物といえばソクラテス。

相対主義にNOを突きつけたのもソクラテス。

ソフィストはだいたいにおいて相対主義。

自分の領域を荒らされたくない。

自分は自分、他人は他人。

そうやって割り切って線引きするのが相対主義。

相対主義の何がいけないの?

と思うこともある。

他人に踏み込まれなくない領域は僕にもあるし、

相対主義でなければやってられないこともたくさんある。

しかし、相対主義は冷たいなとも思う。

相対主義は人の心に分離感をもたらす。

結局はこの分離感こそ人間の分断。

 

本当は一体感を持ちたいけれど踏み出せない。

本当は安心感がほしいけど一線を超えられない。 

 

相対主義を突き詰めると、こうした問題にぶつかることになる。

最近、回避性愛着障害という本を読んでいるが、

無難に、そつなく、問題を起こさず、争いを起こさず、というスタンスが回避性である。

こういうスタンスで何が問題なのか、

絆が希薄になるのだ。

絆が希薄になるということは、他人との人間関係をうまく育めない。

 

 

佐藤優氏と斉藤環氏の共著の本にも書かれていた。

人と対面で会うことは暴力性を伴う。

この暴力性があるから人間は人に会いたいと思うし、逆にリモートが楽だと感じるのだと。

なるほどと思った。

人と会うことは、自分の領域を侵す行為だ。

パーソナルスペース?みたいな領域を侵すのもそうだが、思想的な領域も侵すことになる。

HSPな人とそうでない人では常識や価値観が異なるが、その自分が常識とする思想を相手に突きつけることになるのが、人に対面で会うことだ。

自分はこう思う、自分はこういう価値観のもとで生きている。

自然とそういうものを相手に突きつける。

回避性な人は、一見すると「いい人」だ。

誰も傷つけず、誰も不快にさせないようにする。

だから、自分を主張しない。

相対主義的にすべての人を受け入れているようで拒絶している。

ジェイソンに拷問される前の金木みたいな。

 

いや、俺はそれは違うと思う。

そういう反論こそが自分の主張なのではないのか。

ジェイソンは選べ!と金木に強要する。

選ぶことは言い換えると捨てること。

捨てる強さがないと悪に勝てない。

そんなことはアルミンだって知ってる。

 

 

相対主義的にそういう意見もあるよねー。

で終わらせるのではなく、

そういう意見があるのはわかる。だがしかし、それは違うと思う。

とNOを突きつけるのだ。

 

 

回避性愛着障害の人は、

人生のあらゆる場面で挑戦をさけるようになってしまう。

こういった問題が最近は増えてきているらしい。

これも結局は相対主義的なものだ。

自分の領域を壊すのが怖いから、そういうことになる。

結局は自分の領域を取り払っていくことが大切なのではないか。

そう思う。