ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

数学への苦手意識をなくすためのたった一つの方法

数学が苦手な人は多いですよね。

数学なんて何の役にも立たないじゃないか!

数学なんてしょせん、センスでしょ!

と思っている人もいることでしょう。

 

これを書いている僕は、

数学がめっちゃ得意というわけではありません。

なら書くなよ!と言われてしまいそうですが、

それでも受験数学ならそこそこはとれます。

(受験生のときは偏差値65くらいでした)

結論を先に書いておくと、

数学の苦手意識をなくすには、

自分が確信して絶対にできることを毎日継続することです!

なぜそれで苦手意識がなくなるのか、その背景について詳しく書いていきます!

 

数学への誤解

数学に関して間違った誤解として、

数学はセンスである。

というものがあります。

確かに、数学には才能も関係します。

 

例えば、もともと中学受験していたり、

もともと数学的な頭の使い方が身についている人はいます。

特に進学校には。

そういう一部の例外は確かにいますが、

 

それでも断言できるのは、

数学は才能がなくても、

正しい勉強法と

それをやる根性と

それをやった勉強量があれば、

そこそこ得意にすることはできます。

それが偏差値でいうと65くらい。

本当に頑張れば、70くらいまで行けると思います。

正しい勉強法

正しい勉強法については、

他の記事に書いているので、それを参照してください。

 

zakiology.com

 

根性とは、習慣

あとはそれをやる根性、そして勉強量です。

わかりやすく根性と言いましたが、

根性というよりも、習慣が大事です。

 

つまりは、毎日数学を勉強する継続力、

それを習慣と呼び、かつ根性とも言います。

これだけは毎日やる!というものを決めよう!

だから、数学でこれだけは毎日やる!

と決めた量、もしくは時間をちゃんと「毎日」やることです。

 

そして、これを3ヶ月だけ続けてみることです。

それだけで、数学への苦手意識は取り除かれていきます。

 

これだけは毎日やる!

という決めた量に関しては、

絶対に毎日やってください。

 

それをやっていないのに、

数学の成績が上がりません…

っていうのは通用しません笑

 

最初のころは、

毎日10分とか、

毎日1問とか、

絶対にできる量でかまいません。

 

これなら毎日できる!

と自分が確信した量に設定してください。

 

たしかに、毎日1問だけやっていても

受験には足りないのはもちろんですが、

 

毎日継続する習慣を身につけなければ、

どれだけ勉強しても苦手意識がとれていかないのです。

なので、どんなに時間がないときでも

毎日数学に触れるように心がけましょう!

 

継続する習慣が身についてきて、

量を増やせるな

と思ったら増やしてもかまいませんが、

最低限死守するラインを決めておく、

そしてそれだけは守り抜く、

これは絶対に大事です。

 

例えば、友達と約束をしたときに、

たまにすっぽかす人がいますよね。

そういう人って信頼されるでしょうか?

多くの場合、信頼されないですよね。

 

これは自分との約束でも同じです。

自分でこれだけはやる!と約束する。

そしてそれを毎日守ることで、

自分を信頼できるようになるのです。

数学を苦手にしているのは自分自身

要は、数学を苦手にしているのも自分なんです。

 

本来は別に苦手ではなかったけれど、

やるべきことをやってこなかったり、

勉強法が間違っていたりして、

苦手意識を作ってしまっているだけなんです。

 

その原因をただしていくのが、

自分との約束を守るというやり方なんです。

 

なので、これを読んでくれた方は、

ぜひ自分で絶対に死守することを決めて、

実践していってもらえたらなと思います。

 

あとは、数学が得意な人のクセについても知っておくと良いと思います。

これはテクニック的なところなので、

ちょっと実践するだけでもかなり変わりますよ~。

zakiology.com

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では!