ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

仕事を好きになる必要はない

別に無理をして、仕事を好きになる必要はない。

ただ、仕事を嫌いにならないためには、「好き」というよりも「楽しい」と思えることが大事

松浦弥太郎 著 「いちからはじめる」

僕はどんな状況でも楽しむのは得意である。

露骨に楽しもうとする。

年々、楽しいっていう感覚は変化しているんだけれど、それでも楽しもう!っていう感覚は変わっていない。

前来てたエンジニアリングの会社の人も言ってた。

どんな仕事でも楽しむようにしてる。って。

それは大事な姿勢やなー。って思った。

浪人辛いですか?って聞かれたら、そらそうやろ!って言いたくなるけれど、

僕の周りも含め、浪人して成長してきた奴は、まぁでも案外楽しんでたわ!って感じだと思う。

だって成長するのってメッチャ楽しいことやん。

自分で工夫して、

壁をぶち壊したり、

なんなら壁を乗り越えたり、

はたまた壁を扉に変えたりすんのは超絶おもろい事やて。

もっと言うと、

あれ?壁やと思ってたら、なんや壁ちゃうやんけ!

みたいな発見もあったりする。

そういう日々って貴重だし、掘り出し物の骨董品バリの価値があるんです。

どんな状況でも楽しめるやつ、

どんな状況にも楽しみを見いだせるやつ、

何かしらのことを学んでいこうとするやつ、

そういうやつと関わりたいなって思うし、

周りにはそういうやつが多いような気するわ。

 

学びて時にこれを習う亦楽しからずや!

 

って論語のど初っ端に書いてあるわけだけど、

学ぶのってマジで楽しい。

でも学んだ先には習う(習得)っていう境地境涯があって、その境地境涯はもっと楽しい。

 

学ぶっていうのは、単に学んだだけ、自分のもんにはなってない。

けど、それを反復して学びまくってたら、

いつの日か、

ああ!わかった!!

ってなる。

このときの感動って最っ高に気持ちええんですわ。これが。

そんで、この感動ってまさに「朋あり遠方より来る」よな!ってなわけですよ。

 

長いこと会ってない友達が遠くから来てくれて、

ああ、やっと会えた!

久しぶりやなぁ!

ホンマに嬉しいわぁ!

って暖かい気持ちになる。

それが学んで時に習うっていうことやんな。

 

経験あるやつもいるやろうけど、

わからんかったことが自分のもんになった瞬間っていうのは、たまらんのよ。

 

って孔子は言ってたんやと思います。

そんな境地境涯に達したらホンマに楽しいやろうなぁって思うし、そのためには学ばなあかんね!

学ぼ!そんで学びまくって、習いましょ!

てな感じで、エセ関西弁でお贈りしやした。

ほな!(´∀`∩)↑age↑