ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

【大学受験】現状認識の甘い受験生が多すぎる件

こんにちは。

おざきです。

今回は、現状認識の甘い受験生が多い件について書いていきます。

共通テストが近くなってきて、受験生を塾で見ているのですが、

現状認識が甘すぎるんですよね。

現状認識とは?

現状認識というのは、

どれだけ点数をとれて、

どれだけとれないのか、

 

どれだけ勉強できていて、

どれだけ勉強できていないのか、

 

を自分で把握しているかどうかということで、

そういう自分の現状を認識できていない。

もしくはその認識が甘すぎる受験生が多い。

ということなんですよね。

目標設定と現状認識

受験というのは結果を出さなくてはなりません。

自分が納得するどこかの大学に受からないと終わらないわけです。

 

そんなときに大事なのが、目標設定と現状認識です。

要は、ゴールとスタートをちゃんと設定できるかということなんです。

めっちゃカンタンで誰でもできることなのに、

それができていない受験生は本当に多いです。

肌感覚的に言うと、

9割の受験生は現状認識ができていません。

 

現状認識するには?

じゃあどうやって現状認識をして行けば良いのかというと、

数字を出すことです。

 

つまり、過去問で何割とれるのか、をちゃんと見つめることです。

 

受験生に相談されて、

「今、過去問でどれくらいとれるの?」

と聞いても大体、

「うーん。わからないですけど、たぶん6割くらいとれると思います」

みたいな回答が返ってきます。

  • たぶん、
  • なんとなく、
  • ~と思います、

はすべて信用ならないんですよね。

こういうワードが出てきた瞬間、

残念な受験生だなと僕は思ってしまいます。

受かる受験生の現状認識

ちゃんと現状認識できている受験生だったら、

「この前解いてみたんですけど、○問中○問解けてました。でも、長文がなかなかとれませんでした」

というような答えが返ってきます。

両者の違いは何か、というと、

  • 実際に過去問を解いているか、
  • 結果を数字で捉えているか、
  • 自分の弱点はどこにあるのか、

を把握しているか否かです。

 

今の時期にまだ過去問を解いたことがない。

というなめた受験生がいますが、

そんな受験生はハッキリ言って残念な結果になってしまいます。

現状認識が甘すぎるので。

現実を直視せよ!

現状を客観的に認識することは本当に大切なことです。

受験に限らずね。

なので、これを読んでいる受験生がもしいるのなら、

ちゃんと現状を客観的な数字で認識してください。

どれくらいあととれるようにならないといけないのか、

どこに自分の弱点があるのか、

そういうことを可視化して直視しましょう。

今の時期は苦しいですが、

苦しいからこそ現実を直視しなければいけません。

 

ということで、受験生は現状認識が甘いということについて書きました。

ぜひ参考にしてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。