ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

【理系必見】現代文が苦手な人のための勉強法

理系にとって現代文というのは苦手になりがちな科目。

古文もそうですが、現代文も苦手だという人は多いのではないでしょうか?

ということで、今回は、現代文が苦手な理系のための勉強法について書いていこうと思います。

 

基礎知識(漢字、語彙)

まずは、基礎知識。

これはどの科目でも大切ですが、

言うまでもなく現代文でも大切です。

基本的にはどれを使ってもよいのですが、

漢字と用語をどちらも身につけるにはこパピルスがおすすめです。

コンパクトにまとまっているので、苦手な人でも使いやすいのがポイントです。

さらにレベル分けもされているので、自分が必要な部分だけやるということもできます。

やり方は、基本的には英単語などと同じでいいのですが、

漢字は書き取りがあるので、読めるだけではなく、

書けるようにもしておく必要があります。

なので1周目は書けるかどうかも確認して、

書けるものとそうでないものに仕分けをします。

2周目からはいちいち書くのは大変だと思うので、

頭でイメージするか、指で空に書いてみる程度で良いと思います。

4周くらいやったら実際に書けるかどうかまで確認してみると良いでしょう。

もし、時間がある場合は現代文キーワード読解もおすすめです。

 

この本は本当にすごい!

何がすごいかというと、用語の網羅性が高いということと、

背景知識力がかなり身につくということです。

例えば、

帰納と演繹

近代合理主義

と言われて、パッとどんな内容の話が出やすいかということがイメージできるでしょうか?

これらは本当によく入試で出題されるのですが、

こういう現代文用語に対しての解説がとても詳しいのです。

例えば、近代合理主義に関するテーマでは科学に対する批判的な考え方、

合理主義の危うさなどが書かれることが多いです。

 

こういう背景知識があると現代文もかなり解きやすくなるのでおすすめです。

ただ、時間がない場合は飛ばしてもOKです。

 

読解の基本を学ぶ

基礎知識を仕入れたら、あとは読解の基本を見に付けましょう。

読解の基本とは?

論理的に読むということです。

論理的に読む、論理的に解くというのはどういうことかというと、

本文から素直に考えられるかどうかということです。

これを本文に根拠を探すということにも言い換えられますが、

本文に根拠を探せるようになるために、読解の基本を学ぶ必要があるのです。

それを鍛える上でいい参考書があります。

「田村のやさしく語る現代文」です。

 

改訂版でも旧版でもどちらでも構いません。

この本には根拠をもって現代文を解くエッセンスがつまっています。

問題数も5問しかありません。

この本ほど現代文の基本を語っている参考書はないと思います。

反復もしやすいですし、

必要最低限の読解テクニックが載っているので、苦手な人にはとてもおすすめです。

 

過去問で頻出テーマのスキーマを身につける

読解の基本までやったら、あとは過去問を解くだけです。

問題集などで演習する時間があれば、問題集を買ってもいいですが、

時間がない人は、とにかく過去問を解きましょう!

とりあえず、何も見ずに時間を測って過去問を解きます。

時間はオーバーしてもいいので、根拠をもって答えられるまで考えてみましょう。

 

過去問が解き終わったら、

あとは、解説を読んで、間違えたところは理解するように努めます。

ここで、ポイントなのが、

わからないところが出てきても、人に聞かないようにしてみましょう。

普通なら、解説がわからなかったら人に聞け!と言いますが、

現代文は自分で納得できるようになるのが大切なので、

あえて人に聞かずに、自分で考えるようにしましょう。

 

あとは、過去問の復習ですが、

本文をとにかく何回も読み込みましょう。

これをやると、現代文のスキーマ(背景知識)が身につきます。

現代文に出てくる頻出テーマはだいたい10種類くらいしかありません。

なので、一つ一つの過去問をしっかりと読み込んでおくことで、

そのテーマに対する「慣れ」を身につけることができるのです。

 

本文だけではなく、

選択肢の検討もやってほしくて、

選択肢のどれを選べばいいか、だけではなく、なぜ他の選択肢はだめなのか、

というところまで踏み込んで復習しておくと、

かなり現代文のちからが身につきます。

特に共通テストでは、これが有効なのでぜひやっておいてください!

 

ということで、今回は、現代文が苦手な人のための勉強法について書いていきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

オザキでした。