ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

皇位継承問題について 男系継承しかあり得ない!

女系天皇論について書いておく。
まず、一つ言っておかなくてはいけないのが、
男系継承しかありえない。ということ。
女系が必要だとか言っている奴は日本人として恥を知った方が良い。

女系天皇はあり得ない!

女系天皇というのはあり得ない。
日本の天皇家というのは万世一系と言って、ずーーーーーーーーっと男系継承がされてきた。
もう2600年以上それが続いている。それを絶やすということの重みをまずは理解したほうがいい。日本は現存する国で最も長い歴史を持った国であり、それを支えてきたのは紛れもなく天皇家の存在だ。

 

女系天皇論というのはそれほどに日本の根幹をなす議論であり、安易に無知な人たちが議論すべきことではないのだ。女系天皇というと女性蔑視だのとフェミニストはいうだろうが、天皇の公務というのは女性がすべてこなすのは容易ではないほどの激務であり、それだけのことを女性にさせるのはいたたまれないという思想が男系男子の継承には存在しているということを理解された方が良い。そもそも日本において女性蔑視というものは古代から存在していない。
古事記を読めばそれがよくわかる。

 

女系天皇というのは、例えば、愛子さま(内親王殿下)が田中さんと結婚した場合、愛子さまがお生みになった子は田中家の子であり、天皇家の子ではない。それにも関わらず天皇になることができてしまう。これが問題なのだ。

 

これをやってしまうと、天皇の血統というものが断たれてしまう。2600年以上もの歴史を積み上げてきたのに!


歴史、伝統というものは積み上げるのは困難、崩すのは容易なもの。祖先たちが積み上げてきたものを僕らの世代ですべてを無に帰すことになったとしたら一生の恥、いや後世に残る恥である。

 

男系というのは、父方の祖先とたどっていったら初代神武天皇にたどり着くということを意味する。これが最も大事なことであり、日本人であるからにはこれを正確に理解したほうがいい。

 

いくら男系継承が難しいとはいえ、それを脈々と受け継いできた日本の歴史を大事にするべきだ。悠仁親王殿下がいらっしゃるから、今後何十年かは男系継承が行われることが見込まれるが、今後は何があるかわからない。そのため旧宮家の皇族復帰が必要だと僕は思っている。

一番良いのは今後も天皇家に男の子が生まれること。

 

自民党総裁選ともなると、どうしてもこの問題がやり玉に挙がることが多いが、男系以外あり得ない。国の首相になろうとしている人が女系容認とか頭のいかれたことを言うから本当に困ったものだ。無知にもほどがある。