ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

逆境とともに生きる道②「親」

前回から引き続き、

逆境とともに生きる道②

 

前回のテーマが「出生」だった。

今回は「親」というテーマで書いていく。

 

一見すると、

「親」と「逆境」は関連がなさそうに思えるかもしれない。

 

しかし、実は、

親が自分の人生の手かせ、足かせになってしまっている人は多いと思う。

 

親から刷り込まれた価値観、

ふとしたときに言われた言葉、

そういったものが、

「潜在意識」に影響を与えていることが多い。

 

誰でもそうだけれど、

生まれてから初めて築く人間関係は親だ。

だからこそ、親から大きな影響を受けることになるし、

それが潜在意識に大きな影響を与えることは避けられない。

 

だが、

そうはいっても、

ずっと親の価値観で生きていくことは、

苦しくなるのも確かなことだ。

 

親の究極的な願いは、

子供がちゃんと自立して自分の人生を歩むことのはずだ。

だからこそ、たとえ親から刷り込まれた価値観にとらわれているとしても、

そこから脱出して、自分なりの価値観で生きていくことが大切なのだ。

 

つまるところ、

何が言いたいのかと言えば、

ちゃんと親離れして生きていこう

ということ。

 

真の親離れというのは、

「精神的な親離れ」を果たすことだ。

 

いくらお金を稼げるようになって、

経済的に自立できたとしても、

精神的に親に依存している状態では、

まだ親離れできたとは言えない。

 

何でもそうだが、

精神的なところ、つまり心や意識などの

目に見えない部分を変えていくことが大切。

 

例えば、大学受験でも最終的には心理面が大切で、

いかにして自分の実力を発揮できるような精神状態を作れるか

ということが大切なのだ。

 

目に見えない世界が変わると、

目に見える世界も変わっていく。

 

親から精神的に自立できると、

親との関係性も変わっていくはずだ。

 

そして、

親から精神的な自立をするときに、

必ずといって良いほど、

親とケンカをすることになる。

 

自分の本音や

自分だけの軸で生きていくとき、

親の価値観から離れるとき、

親は必ずあなたに反発してくるはずだ。

ある意味これは試練、洗礼だとも言える。

 

今まで、親に頼って生きてきて、

急にそこから離れるとなると、

親から大きな反発を受けることになるだろう。

 

だが、そこで負けてはいけない。

自分の本音をそこで貫かなくてはいけない。

 

僕は浪人した。

親は予備校に行かせようとしたが、

僕は行きたくなかった。

だから、僕は親に反逆した。

ものすごく反対された。

ものすごい勢いで反対された。

ケンカした。

父親にはボコボコにされた。

しかし、僕は折れなかった。

自宅浪人した。

 

自宅浪人した際も、

全部自分で決めて勉強したし、

志望校もすべて自分で決めた。

一切、親の介入を許さなかった。

その結果、僕は精神的に自立できた。

 

僕のエピソードは、かなり過激だし、

外科手術的な大がかりな自立になった。

 

しかし、誰しも、親から自立するときには

このような流れを大なり小なり経験することになるはずだ。

 

僕のエピソードから言えるのは、

親の介入を許さず、すべて自分の軸で決めたということ。

僕はすべて自分で決めて、自分で責任を取ると決めた。

 

それが自分の人生を生きるということでもある。

元々、僕の親は、かなり干渉してくる。

例えば、中学時代、

部活を決めるときも、

僕は野球と剣道でどっちにしようか迷っていたが、

 

親は剣道部に入ってほしかったらしく(親は剣道の高段者)

「野球部に入ったら塾をやめさせる」

とか

「野球部に入ったら勉強できないからやめておけ」

とか

あらゆる脅しをかけられて、

僕は怖くなって、

剣道部に入ることにしたのだった。

 

多分、親としては本心から心配していたのだと思うし、

それが一概に悪いとは思えない。

ただ、自分のやりたいと思うことを貫けなかったのは

少しだけ残念に思っている。

 

結果から考えれば、

僕は中学の剣道部でかなり鍛えられたし、

僕の原点を作ってくれたから、

今ではとても感謝しているのだが、

自分の人生を生きるという観点からいうと、

かなりの干渉を受けていたと言えると思う。

 

この親から自立するのは本当に大変だったし、

渦中にいるときは半ば親を恨みながら勉強していた。

それでも、自分に責任をもって大学受験というライフイベントを納得した形で終わらせることができたのは僕にとって本当に大きい。

 

ちなみに言うと、

今では親とは仲が良いし、

お互い自分の人生を生きることができている。

まだ大学生だから、仕送りはもらっているし、

経済的にはまだ自立したとは言えないが、

あと数年で働くようになるだろうし、

それは半自動的に解決されていくことだろう。

 

幸せな人生を生きるためには、

必ず親離れをしておくべきだ。

親という逆境を見て見ぬふりをしていては、

ずっと親の枠の中でしか生きることができない。

 

あなたも、

必要なタイミングで「親」という逆境と立ち向かってほしい。

 

③につづく。