ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

400記事書いたらしい。

今回のテーマは、タイトルの通り。

なんか400記事書いたらしいよ。っていう話。

 

別に頑張って書いてきたわけではなく、

ひたすらわけのわからないことを言い続けてきただけだ。

 

昨日の記事なんて、

渡辺名人の定石講座がすごかったから、

ただただそれを褒めちぎっただけ。

 

最近は、もっぱら検索からの流入しかないから、

こんな記事書いても無意味なので、

あんまり書く必要ないのだけれど、

とりあえず記念っていうことで、

書いてみている。

 

400記事も書いてきて、

起きた変化なんてたかが知れている。

1年前は一日に10PVあったら良い方だったのが、

最近では30PVが当たり前になった。

 

それでもまだ、月に1000pvくらいしか読まれていない。

 

そんな小さなブログではあるものの、

書き続けることは誰にでもできることではないし、

僕はすごい人なんだなと思っている。

 

ブログなんて趣味なんだから、

別に読まれても読まれなくても書いていくし、

それでたまに稼げるのだから、

なにも期待していない。

 

たしかに副業になってくれたら、

そんな楽な話はないし、

たしかに良いなと思っている。

でも期待しすぎると、それが成し遂げられなかったときに

苦しくなるから、

僕はブログに対して期待はしていない。

 

ただただ

書いて、書いて、書いてきた。

 

たしかに結果を出している人はたくさんいるのだろうし、

それを求めている人は多いだろうから、

僕のブログなんて大して需要がないのは知っている。

 

ただ、自分の書いたことが

たまーに誰かしらのためになっている。

それが僕にとってのモチベーションであり、

 

そんな気持ちで書いているから

誰が読んでいても、読んでいなくても、

書き続けられたのかもしれない。

 

僕は20代だから、

何をしていても良い。

 

どうせ、うまくいくし

ブログを400記事書いた大学生

っていうだけでもう希少価値しかない。

 

結果なんて出せなくても、挑戦し続けることが大事だ

なんて言われ尽くされた言葉かもしれないけれど、

 

挑戦し続けていたら、たまーに結果はでるし、

そんなにがっついてブログを書かなくても、

たまーに稼げる。

 

それを今すぐ副業にしたいなら話は別だけれど、

気ままに書いている方が

大抵うまくいく。

 

自分の書きたくないことを無理して書くのは僕にはできない。

 

それができる人はすごいなと思うけど、

それができる人にそれは任せておいて、

僕は僕の書きたいことをこれからも書いていくつもりだ。

 

またわけのわからないことを言い続けていく。

また500記事になったころに、振り返ってみることにする。