ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

文系でも得意にできる数学の勉強法! 受験数学はセンスではない!

数学が苦手で、文系を選ぶ人は多いですよね。

でも、上位の国公立大を狙うとしたら、数学は必須だし、

二次試験でも出題されたりします。

文系なのに数学かよ…って思っている人もいるのではないでしょうか。

自分には数学は向いていないし、、、

と諦めてしまうにはもったいない!

やり方次第で、かならず数学はできるようになります!

そこで、今回は、文系でも数学が得意になる勉強法について、解説していきます!

 

数学は才能ではない!

まず、大前提としておさえておいてほしいのが、

数学は才能ではない!ということです。

多くの人は数学はセンスだと思い込んでいますが、そんなことはありません。

少なくとも大学受験レベルであれば、誰でもできるようになります。

正しい方法論と、その実践があれば着実に成績は上がっていくので大丈夫です!

この記事で、正しい方法論を学んでいただき、それを日常の勉強で実践してみてください!

数学の初歩

数学には、いろんな段階があります。

どんなことにも通じますが、

初歩、基礎、応用、という順番が大事です。

数学も同じで、まずは初歩からやってほしいのです。

数学が苦手な人がやりがちなのが、初歩と基礎をすっ飛ばしている。ということ。

テニスをやろうと思ったら、まずは素振りで正しいフォームを身につけますよね?

それと同じで、まずは初歩的なことをきっちり学んでください。

 

数学の初歩とは、教科書の理解です。

数学の得意な人ほど、教科書の素晴らしさをわかっています。

僕の友人は京大模試で全国1位をとったことがあるのですが、彼も教科書の素晴らしさを熱く語っていました!

数学ができる人でも、まずは教科書から始めているということです。

数学が苦手な人ならなおさら、教科書の理解が大切なんです。

 

しかしながら、

そもそも教科書が難しいんだよ!

という方もいると思います。

そういう場合は、解説がわかりやすい教科書レベルの参考書で代用しましょう!

オススメは、はじめから始めるシリーズです。

 

 

はじめから始めるシリーズであれば、かなり解説が詳しいのでつまずくことなく理解できるはずです!

初歩の段階では、まずは理解をすることを目標にしましょう!

数学の基礎

数学の初歩、教科書の理解が終わったら、

数学の基礎を身につけましょう!

数学の基礎とは、

教科書レベルの問題をスラスラ解けるということです。

これは、徹底的な反復によって必ずできるようになります。

数学の基礎は筋トレのようなものです。

日々たゆまず努力を継続していくことでしか、伸びていきません。

基礎をやるのはたしかに苦しい時期ですし、

多くの人がやらないことでもあります。

 

逆に言えば、基礎を徹底的に反復できれば数学で頭一つ分抜き出ることが可能だということです。

文系ならなおのこと、

そもそも苦手な人が多いわけですから、

基礎を身につけるだけでもかなりの差がつきます。

 

基礎に関しても教科書がオススメではありますが、

教科書には問題の解説が載っていないことが多くやりにくいので、

白チャートをオススメします!

 

 白チャートの使い方については、別の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

zakiology.com

 

数学の応用

教科書レベルの問題を解けるようになったら、あとは楽勝です。

応用は基礎と基礎の組み合わせで解けるのがほとんどなので、面白いように解けるはず。

数学の応用とは、入試標準レベルの問題が解けるということで、

 

決して難問は解ける必要ありませんが、

標準レベルは解けるようになっておくと、

数学が得意になったと言えるでしょう。

 

先ほども言った通り、

基礎ができていれば、

新しいことはほとんど出てこないので、

組み合わせを知れば知るほどできるようになっていきます!

数学の応用レベルの参考書でオススメなのは、

マセマ出版の実力アップ問題集です。

 

 

 実力アップ問題集についても、過去に使い方を書きましたので、参考にしてみてください!

zakiology.com

 

最後に

文系でも必ずやり方を間違えなければ数学はできるようになります!

文系で数学ができると、ものすごいアドバンテージになります!

ぜひ参考にしてもらい、数学を得意にしていきましょう!