ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

思い出の美化は悪いことなのか? 西加奈子さんのポッドキャストから

作家の西加奈子さんのポッドキャストを聞いた。
なんか、グーグルのポッドキャストアプリがあって、使いやすくて、たまに使ってる。

今日は、そのポッドキャストで語られていたことをテーマに書いてみようと思う。

テーマは思い出の美化

西さんは、

むかしの恋人を忘れられず、今の彼氏はいい人なのに、煮え切らない。思い出を美化しすぎているような気がして今の彼氏に申し訳ない。

という相談に対し、

美しい思い出が残っているのは当然。
美しい思い出は美しいのだから、それを美化というのはおかしい。

と言っていた。

さらに、

人には秘密の部屋みたいなものがあって、そういう絶対不可侵なその部屋に、そういう美しい思い出は入れておけばいい。
今の彼氏には、その部屋を開けなければいいのだ。

ということもおっしゃっていた。

これには完全に同意する。

前に、19号室というテーマで記事を書いたことがあるが、19号室とは、まさに秘密の部屋。

 

そういう部屋を心のなかに作っておいて、
大切な思い出、もうこれ以上なにも解釈を加えたくない美しい思い出、
そういうほとんど誰にも教えたくないものをしまっておくのだ。

西さんは
思い出が美しくて何が悪いねん!
と少々つよめに答えていた。

関西弁っていいよなぁ。
ちょっと語気つよめでも愛嬌がある。

美しい思い出は他人に解釈を加えられるのは嫌なものだし、それは自分の中に大切にしまっておけばいいのだ。

 

気になる人は
西加奈子の12冊の処方箋
で検索すれば出てくるはず。