ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

ブログに対する価値観が変わってきた

1年くらい前までは、「〇〇記事書いてやったぜ!」
みたいなモチベーションでブログを書いていた。
しかし、300超えたあたりから、記事数とかどーでもいいって思うようになった。


そういえば、もうすぐ400記事くらいになるな。くらいなもんで、息をするようにブログ記事を作成できるようになった。

 

最近は1日に何回かLINEのタイムラインで千文字くらいを生産している。(下書きとして)

なぜLINEのタイムラインでやっているのかと言えば、誰かに見られている緊張感という適度な圧力と、誰彼構わず公開しているわけではない安心感ゆえである。

 

適度な圧力がかかるからこそ、ある程度まとまった良い文章がかける。
かといって、カッチカチの文章を書いたところで面白みがない。

 

タイムラインは絶妙なバランスなわけだ。
しかも、修正もカンタン。
翌日になって冷静に読んでみて「この記事イタイな…」と思ったら非公開にもできる。

文章を書いているときは自動書記状態に近いから、自分でも何を書いているのか大して意識できていない。

 

大抵、翌日眺めると、論理破綻していたり、抽象度の高すぎる内容になっていたり、口外を禁止されている内容を書いていたりする。

そもそも、心の知れるひとにしかこのタイムラインは公開していないので、大した問題ではないのだが。

それでも、多少

メタ的に見てどうか
という視点があったほうがいい文章になるというのは最近よくよく思うことだ。

文章は読まれてなんぼ。
読まれて鍛えられる。

 

今の時代は、素晴らしい。
こんな一介の大学生が発信できる。

そういえば、緊急事態宣言延長論が出ているようですが、まぁ、アホですな。
一生やっておけばよろしい。
「勝手にしろ」という諦観に近い感情しかない。
ただ、そっちが勝手にするならこっちも勝手にさせてもらおう。