ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

【書籍レビュー】「コーヒーのある暮らし」を読んだので褒めちぎってみた!

こんばんは。

おざきです。

今回は、「コーヒーのある暮らし」という本を読んだので、

褒めちぎっていこうと思います。

 

 

淹れる・選ぶ・楽しむ コーヒーのある暮らし

淹れる・選ぶ・楽しむ コーヒーのある暮らし

  • 発売日: 2020/11/18
  • メディア: 単行本
 

 最近では、「家カフェ」という言葉が示すように、

家の中で楽しむコーヒーが注目されていますよね。

 

そんな中で、オススメなのが、この本です!

 

ここからは、オススメのポイントを三つに絞って書いていきます!

 

コーヒーの基礎知識まで網羅!

まず、コーヒーの基礎知識や背景知識まで網羅してくれています!

 

僕は、こういう豆知識が好きなので、

こういう情報を体系的に網羅してくれているのはたいへんありがたいわけですw

 

「そんな情報なんてネットにあるじゃん」

って思った方もいるかもしれませんし、

確かに、そうです。

 

そうなんですが!

ネットは体系的にまとまっているものが少ないですし、

圧倒的に本の方がまとまっています。

 

しかも執筆者の熱意も全く違いますから、

ネットよりも情報のエネルギーが高いんですよね。

 

そんな感じで、

良い情報が体系的にまとめられているのがオススメポイントの一つ目です。

図や絵が和む!

次に、図や絵が和むんですよねw

ちょっとした絵本を読んでいるような気分になりますw

 

「写真の方がわかりやすいじゃん」

という方もいるかもしれませんが、

 

僕は、絵の方があたたかみがあっていいなと思いました。

 

あと、ちゃんと写真を使うべきところでは、

写真がつかわれているので、

絵と写真の二刀流みたいな感じになっているのもいいですね。

 

写真を使うべきところっていうのは、

ドリップの行程を見せるところです。

 

ドリップの行程では、

  • どんな風に蒸らすのか
  • どんな風にお湯を注いでいけば良いのか

みたいな具体的なところが大切なので、

そういうポイントではちゃんと写真を使ってくれています。

 

他の、

  • どんなドリッパーがあるのか
  • どんな豆のひき方があるのか

みたいなところは絵が使われていて、

妙に和むんですよねw

 

ところどころに登場する絵の雰囲気も好きですw

 

あとは、デザインやレイアウトがかなり洗練されていて、

見やすいデザインになっています。

 

著者の方は

何を読者に見せたいのか?

というのをかなり意識されたように感じましたw

 

ドリップの種類が豊富!

紹介されているドリップの種類がかなり豊富でして、

ドリッパーの種類はさることながら、

ペーパーの種類も網羅していますし、

フレンチプレスも、エスプレッソも、サイフォンも…

っていう感じで、

「すべて網羅できているんじゃないだろうか?」

と思うほどに充実していました。(感動したw

 

 

最後に

僕は、毎日自分でドリップしたコーヒーを飲んでいまして、

とてもコーヒーが好きなんですが、

「まだまだ勉強したりないことが多いな」

と実感させられましたw

 

カフェでバイトさせていただいておりまして、

店長にもいろいろと教えていただいたりしているのですが、

教えていただいたことの復習にもなり、

とてもありがたい一冊でした!

 

ちなみに、

僕が好きなコーヒー豆はインドネシアのマンデリンですw

 

気になった方は下のリンクからドウゾ!

淹れる・選ぶ・楽しむ コーヒーのある暮らし

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

では。