【毎月恒例】1月に買った本を一気に紹介していく!

 今月は多いです。

理由は明確で、お年玉もらったので、たくさん買いましたw

学生って本当にラッキー。

そして本ってマジで安すぎ。

まだお年玉が余っているので、もうちょっと読みたい本を買い足すかもしれませんが、それは2月のときに紹介します。

文庫本編

やりたいことは全部やれ! 大前研一

 

やりたいことは全部やれ! (講談社文庫)

やりたいことは全部やれ! (講談社文庫)

  • 作者:大前 研一
  • 発売日: 2005/05/13
  • メディア: 文庫
 

 

千田琢哉さんが推していたから買った本。

意外と、人にオススメされたり、尊敬している人がオススメしてたらすぐ買います。

タイトルが、いいですよね。

やりたいことは全部やりたい!

旧約聖書を知っていますか 阿刀田高

 

旧約聖書を知っていますか

旧約聖書を知っていますか

 

 

まだ読んでないですが、

聖書に関しては僕は全く無知なので、

聖書関連の本に挑戦していこう!

という今年の野望を実行に移しました。

(いや、まだ買っただけだから、まだ実行できてはいないよねw)

芥川龍之介 ちくま日本文学

 

芥川龍之介  (ちくま日本文学 2)

芥川龍之介 (ちくま日本文学 2)

 

 

芥川龍之介の作品は、教科書に載っていた羅生門しか読んだことがなくて、

そろそろ日本の文豪は制覇したい。

まだまだその道は長そうですが。

とりあえず、芥川から始めようということで買いました。

 

黒と茶の幻想 恩田陸

 

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)

  • 作者:恩田 陸
  • 発売日: 2006/04/14
  • メディア: 文庫
 

 

これは、まあ、あれだ。

趣味ってやつ。

恩田陸さんに感服しているので、買いたくなって買った。

それと、

「3月」を読んだので、

その第一章の表題ということは、なにか関連があるはず。

という思惑もあったのです。

日本的霊性 鈴木大拙

 

日本的霊性 (岩波文庫)

日本的霊性 (岩波文庫)

 

 

日本的霊性

うん。良い響き。

読めてないけどw

存在と時間(1) ハイデガー

 

存在と時間(一) (岩波文庫)

存在と時間(一) (岩波文庫)

 

 

ハイデガーって名前がかっこいい。

分厚すぎていつまでかかるかわからないけれど、

たぶん10年後には読み切っているはずです。

まひるの月を追いかけて 恩田陸

 

まひるの月を追いかけて (文春文庫)

まひるの月を追いかけて (文春文庫)

  • 作者:恩田 陸
  • 発売日: 2007/05/10
  • メディア: 文庫
 

 

これも趣味っていうか、

文春文庫の思惑にまんまとのっかった。

ベストオブ文春文庫みたいな帯がついてて、

「お、これは買いだ」

と一瞬にしてなり、買った。

この人を見よ ニーチェ

 

この人を見よ (新潮文庫)

この人を見よ (新潮文庫)

  • 作者:ニーチェ
  • 発売日: 1990/06/22
  • メディア: 文庫
 

 

ちょっとだけ読んだけど、ニーチェってマジでやばいやつやん。

自分をめちゃくちゃ礼賛していて、笑った。

でもたぶん、大真面目に書いていて、

大真面目に自分がすごいって思ってるし、

実際にすごい人だったのは間違いない。

新書編

カント入門

 

カント入門 (ちくま新書)

カント入門 (ちくま新書)

 

 

カント入門は、ここ数日で読み始めた。

なんか前まで一切頭に入ってこなかったんだけど、

いまは、カントの理性批判がスルスルと流れ込んでくる。

カントってすごいよね。

だってさ、理性が最強って思われてたときに、ちゃぶ台返ししたんだもん。

まじでヤバいわ。

セックス依存症

 

セックス依存症 (幻冬舎新書)

セックス依存症 (幻冬舎新書)

 

 

ドーパミン系の話が載ってるんだろうなと思って買って、案の定。

知っていることばっかりだったけど、おさらいになって良かったです。

 

危機の正体

 

 

佐藤優さん、その通りだと思う。

日本の今の状況は戦争中と似ている。

翼賛体制で、監視社会になっているし、

罰則とか頭狂ってるとしか思えない。

 

たちどまって考える

 

たちどまって考える (中公新書ラクレ)

たちどまって考える (中公新書ラクレ)

 

 

ヤマザキマリさんの本読んでみたかったんですよね。

ただそれだけの理由で買いました。

関係ないけど、中公新書とか中公ラクレの紙質がすき。

宇宙に外側はあるか

 

宇宙に外側はあるか (光文社新書)

宇宙に外側はあるか (光文社新書)

 

 

理系らしいでしょ。

僕は理系なんですよ。

ちゃんと、普段は微分方程式も解いているし、

最近は偏微分方程式まで解いてるんです。

なんかよくわからないブラッグピークをシミュレーションソフトを使って求めたりもしているんですよ。

何を言っているのかわからないと思いますが、僕もそんなにわかっているわけではないのでご安心を。

 

ペルソナ

 

ペルソナ 脳に潜む闇 (講談社現代新書)

ペルソナ 脳に潜む闇 (講談社現代新書)

 

 

中野信子先生の本好き。

脳科学って本当に面白いよね。

脳科学の分野に行ったら良かったのかもしれないけれど、

脳科学って大変そうだから、地球の環境とかの方面に行こうかな。と思っております。

それにしても、中野先生の自伝って面白いよね。

文章力すげえ。

知性もすげえし、男尊女卑の東大で頑張ってこられたのもすげえ。

人新世の「資本論

 

人新世の「資本論」 (集英社新書)

人新世の「資本論」 (集英社新書)

 

 

まだ読んでない。

とにかく、資本論は今が熱いので、読んでみたいだけ。

本屋のおじさんに、

「この本の著者に似てるね」

って言われて照れてしまった。

俺もいつか本を書いて印税で暮らしてやるんだからね!

世界のニュースを日本人は何も知らない

 

 

ほんとに、日本のニュースって偏っているし、

最近の話題で言えば、

アメリカの国会議事堂が占拠されたこととか、

あんまり報道されてないんだから、びっくりだよね。

 

トランプさんのアカウント停止されたのは、当たり前だ。

みたいな感じの雰囲気の報道が多いけど、

それって本当に中立な報道になってるの?

っていうのが、すげえ疑問。

 

 

単行本編

チーズはどこへ消えた?

 

 

ずっと読もう読もうと思ってて、読んでなかった。

シンプルでわかりやすい上に示唆に富むって最強過ぎ。

絵本もそうだけど、だれにでもわかる平易な文章で、シンプルだけど大事なことを伝えるのってすげえ技術だなって思うんですよね。

しかも読者を引き込む吸引力も兼ね備えているっていう。

感服しますわ。

心を磨く

 

心を磨く 中村天風講演録

心を磨く 中村天風講演録

  • 作者:中村 天風
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本
 

 

中村天風ってマジすごいよね。

なんなん?

すごすぎてびっくりするわ。

悟りすぎ。

ちょっと読んだだけではまだ、吸収しきれていないので、

これからも数回は読んでいきます。

成功の心理学

 

 

これは千田さんの本の中でオススメされてた本、

ジュンク堂に売ってなくて、嫌だけどアマゾンで買った。

初っぱなからしびれる。

すげえ本なのは一瞬でわかった。

一言だけ載せときますわ。

「人生は練習試合ではない、毎日があなたの公式戦なのだ」

 

成功の掟

 

新装版 成功の掟

新装版 成功の掟

 

 

これも千田さんからのオススメ本。

俺は、セルフイメージ低すぎてびびったわ。

年収100万の価値しか自分にはないって自分で決めつけてるなんて。

年収1億くらいのセルフイメージで行こかー。

人生を変えるアウトプット術

 

 

千田さん。神ですか?

いや、神です。

毎回、心底憧れる。

毎回、心底頑張ろうって思う。

ありがとうございます。

孤独になれば道は拓ける

 

孤独になれば、道は拓ける。 (だいわ文庫)

孤独になれば、道は拓ける。 (だいわ文庫)

  • 作者:千田 琢哉
  • 発売日: 2017/10/12
  • メディア: 文庫
 

 

孤独ってマイナスなイメージもたれるじゃないですか。

孤独ってめっちゃプラスなん知ってます?

孤独ってだけで、最高なんですよ。

そらたまには、人と語り合ったり、意見をぶつけ合ったりすんのもいいですけど、

結局は一人でいるときに人は成長するし、

成長することが人間の欲求なんだから、

孤独な人は幸福です。

人生を切り拓く100の習慣

 

人生を切り拓く100の習慣

人生を切り拓く100の習慣

 

 

100個もあんの?と驚かれた方。

安心してください。

全部やれ!なんてことを千田さんは言いません。

「なにかピンときたことを一個一個試してみればいい。」

「続かなくても良い。」

「三日坊主を100回繰り返せば、なんか一個くらいはみつかるよ」

っていうことなんです。

超絶オススメ。

「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと

 

「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと

「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと

  • 作者:千田 琢哉
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

価格設定からすでに愛にあふれている。

ほんとに愛の深い人なんだな。

僕が今まで出会ってきた愛の深い人って、みんな厳しい人でした。

愛って二つあって、

ソフトラブとタフラブ

っていうのがあるんですわ。

ソフトラブは母なる愛

タフラブは父なる愛

厳しさをもった愛っていうのはタフラブで、千田さんは父なる愛にあふれた文章をお書きになる。

尊敬します。

 

 

 

最後に

全部オススメの本なので、ぜひ書店で一度手にとってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。