ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

お金で人と比べてしまうときのたった2つの対処法

こんにちは。

おざきです。

今回は、お金で人と比べてしまうときの対処法について書いていこうと思います。

 

 

大学生になると、アルバイトができるようになり、自然とお金で人と比べてしまうことも増えますよね。

 

あいつはあんだけ稼いでいるのに自分は…。とか

 

あいつはいつも良い服着てるのに自分は…。とか

 

そういうときって誰しもあると思います。

 

特にお金というのは数値化されて目に見える結果としてわかってしまいますし。

 

ただ、人と比べても良いことはない。

 

それも事実なわけです。

 

人と比べることは決して悪い訳ではないけれど、人と比べて自分を卑下してしまうのは良くない。

 

ではどうすれば良いのか。

 

1.昨日の自分と比べる

2.圧倒的な理想的な人物と比べる

 

ということが言えます。

 

これは良く言われる話ではありますし、そんなことわかっているよ!と思う方もいるかもしれませんが、今一度確認してください。

 

1.昨日の自分と比べる

これは、昨日の自分と比べて、一歩でも前に進んでいるかどうか。ということを見つめてみるということです。

昨日の自分よりも1.001倍でも良いから成長する。

お金であれば、先月の自分よりも1.001倍でもいいから稼げるようになる。とか

 

 

または、良い稼ぎ方をする。というのも一つです。

 

アルバイトで稼ぐにしても、質というのは異なります。

 

レジ打ち一つとってもお客さんに心地よいレジ打ちになるように改善してみる。

 

そういう改良、改革、改善によって、たとえ同じ額の金額しか稼げなかったとしてもお金を稼ぐ背景としては成長ですよね。

 

そういうちょっとした成長を繰り返して行けばよいのです。

そうすれば、自ずと自己卑下もしなくなっていきます。

 

2.圧倒的な理想的な人物と比べる

 

野球に例えてみますと、

 

イチローに憧れを抱いているとします。

 

イチローであれば、自分の立場のときにどう練習していたのだろうか?と考えながら、練習してみるのです。

 

イチローという圧倒的な理想があると、その理想に近づこうと必死に練習しますし、練習の密度も濃くなっていきます。

 

このように、お金の面でも良い稼ぎ方をしているな。こういう人のように稼げると幸せだろうな。というメンターとも呼ぶべき人を見つけることです。

 

そして、そのメンターになりきって普段の生活をしてみる。

 

そうすることで、お金を稼ぐためのコツや、アイデアも浮かびやすくなります。

 

最後に

今回の知見をまとめると

1.人と比べるのではなく、自分と比べる

2.自分と比べると成長を実感できる

3.比べる人を圧倒的な理想的な人に変える

4.自分の理想的な人ならどうするかを考える

 

躬行実践です。

日常から生かしてみてください。

 

では。