ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

人生はたぶん螺旋階段で人間って愛しい生き物なんだと思う

人生はたぶん螺旋階段なんだと思う。

螺旋階段って上から投影したらただの円をグルグルしてる感じ。

上から見ただけだと何も成長してなくて、まじで何やってんだろって感じになると思うけど、横から見たら多分ずっと上に登ってるんだと思う。

なんかこれ、デジャブ感あるなってことありませんか?

僕はよくある。

昔もおんなじような悩みをひたすらしていたなってなるんだけど、実は前悩んだときよりも考え方が違ったり、1周分階段登ってきている上で悩んでるわけだからその分成長できると思うんだよね。

自分も絶賛悩み中で、ひたすらネガティブで人に頼るしかなくてひたすら情けないんだけど、こういうことって忘れてたけど前にもたくさんあったんだよね。

もう乗り越えちゃってるからあんまり記憶にございませんって感じなんだけど、本当は昔だってたくさん悩んでて、死にたいって何回も思って生きてきたことを今思い出した。

だから、今はめちゃくちゃきついけど、またたぶん乗り越えちゃうときが来て、それでまたいつか同じことで悩んで逃げたくなるときが来るんだろうなって思ってる。

人間って愛しいよね。

バカみたいにいつも同じことで悩んで、いつか同じ悩みを持つことを予感しながらまた悩んでるんだから。

本当に愛しい生き物。

めちゃくちゃバカなこんな自分が愛しいって思えるだけ多分まだマシなんだろうね。

無理矢理そう思ってる節もあるけど、歴史は繰り返すから、たぶんこれからも何かしら悩んでも、こうやってまた人間って愛しいなって思いながら乗り越えていくのかなって勝手に思ってる。

なんかめちゃくちゃポエムっぽいけど、読んでくれてありがとう。

こんな文章を読んでくれたあなたは最高に良い人なんだと思う。