ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

テクニックはいずれ廃れる

結論から先に言ってしまえば、テクニックだけに走る人は、いずれ腐敗する。

だいたい、テクニックをググること自体無意味だ。

テクニックがすでにネット上に存在している時点で、もはやそのテクニックはテクニックでなくなる。

「必勝の剣術は、一度実践で使えば必勝ではなくなる。」と剣術の世界では言われるが、まさにそうなのだ。

テクニックとは「術」である。

最強のテクニックが世に打ち出されてしまった時点で、そのテクニックは最強ではなくなる。

なぜなら、そのテクニックを知っている人が現れるからだ。

しかも今の時代は、ネット社会で、そのような「うまい話」に食いつく人は多い。

そうなると、もはやそのテクニックを使うことがマイナスポイントになり得る。

成功者と呼ばれるような、「すごい人」たちは、多くの場合は勉強家である。

「すごい人」たちは一通り、テクニックを知っている。

その「すごい人」たちに向かって、ちまたで言われる「必勝のテクニック」を使ってしまったらどうなるだろうか。

もし、僕が「すごい人」の立場であったなら、うんざりするだろう。

自分がそんな「テクニックにだまされるような人間」だと侮辱されているようなものだからだ。

 

テクニックは魅惑的で、あたかも自分が優れているかのような印象を持たせてくれる。

しかし、その「メッキ」はいつか剥がれる。

 

テクニックに誤魔化されない、本物の知性は、普遍的だ。

普遍的だからこそ、鍛えるのに時間がかかる。

しかし、本物の知性にこそ、価値がある。

 

テクニックにだまされず、知性を磨こう。