ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

クソ過ぎる消費増税 クソ過ぎる政治家たち

こんにちは。

今回は、「財政のおかしさ」と「政府のおかしさ」について書いていこうと思います。

people woman rally

 

まずは以下の記事を読んでいただきたい。僕はこの文章を見て本当に自分の目を疑ったよね。。。(デモ起こそうかと思ったけど、無理っぽいから画像だけ)

 

今の状態で増税!?正気!?

www.jiji.com

―消費税減税を求める声がある。
 消費税は下げるべきではない。10%に引き上げるだけで、どれだけの年月と努力が求められたか。なおかつ消費税は社会保障の重要な財源となっている。社会保障の充実が言われている時に、この基幹税を軽減することはいかがなものだろうか。
 今は世界中の国が大規模な財政出動をしている。日本も思い切って財政出動を行うことは大事だ。恐らくここ数年は、引き続きやるべきことをやる段階だと思うが、その先には財政・経済の問題を一体化しながら、しっかりと未来を考えていかなければいけないのではないか。

 この記事によると、本当に頭大丈夫?と聞きたくなる。

そもそも消費税は亡国税ですから。本気で、消費税は国を滅ぼします。

だいたい、消費税を増税するのは、景気が良いとき、インフレのときに限るのが当たり前です。

政府の財源が!って言うけど、お前らは金刷れるだろ!って突っ込みたい。

藤井聡さんの「MMTによる令和新経済論 (晶文社)」によると、

実際、私たちが普段使っている千円札や一万円札には、「日本銀行券」と書かれている。つまりそれは、「日本銀行」という日本の中央銀行がつくりだしたものだ。そして、その日本銀行の株主は、55%が日本国政府であり、日本政府の事実上の「子会社」である。

 

どういうことか説明すると、日本銀行という会社の所有権の55%は日本政府がもっているということで、過半数の株式を保有しているため、日本銀行は、政府のための銀行である。ということです。

もちろん、日本銀行は、自主的に経営していますが、政府から完全に独立している訳ではないということです。

 

平成がなぜ、失われた30年と言われるのかと言えば、それはデフレが30年も続いたからです。

バブルが崩壊して、それからずっとデフレで不況。

政府はいつでも通貨を発行でき、紙幣をどんどんすって経済を活性化することが可能なのに、ずっとそれをしてこなかった。

その上に、増税をしてきたから、不況が続いているのです。

今の現状を見て、減税するのは必然であり、減税以外あり得ません。

なぜ、増税という発想ができるのか、頭が狂っているとしか思えない。

 

10%にあげるのにも苦労したのだから減税しないってどんな理由?

ふざけるのも大概にせい。

頭いかれているとしか言いようがない。

日本国民が苦しんでいるときに、財政を悪化させる行動をするってマジで、、、、。

 

ドS?

 

いや、政府にドSとかいらないから。なにもキュンとしません。

 

 

ほんまにポスト安倍は、カスばっかり。

安倍首相すら、頭狂っているところがあるのに、もっと狂っている奴らしか候補がないのは、もはや国民へのいじめ。

(安倍首相が頭狂っているというのはGO TOの件や、アベノマスクなど)

 

これ以上の増税は、マジで許さん。

日本を滅ぼす気なのかとしか思えない。

断固反対するし、もし増税したら、本当に孫の代まで恨もう。

 

池上彰も財政に関しては、まだ財政破綻だの、赤字国債だのと言っているから、アホなところがある。(彼が頭良いのは認めるが)

 

日本は財政破綻する!っていうクソすぎる嘘

財政破綻は嘘です。

日本とギリシャは根本的に違います。

日本の国債は、自国通貨建てです。つまり、政府は日本国民に借金しているだけ、でギリシャは、外国に借金していたから、財政破綻したに過ぎません。

このことは、先ほどの藤井聡さんの「MMTによる令和新経済論」にも書いてありますし、ネットの記事で言うと、次の記事が詳しいので紹介しておきます。

jp.reuters.com

しかし、ギリシャと日本では全く状況が異なる。ギリシャの債務のほとんどは外国人(約80%が欧州中央銀行等の公的機関)が債権者なのに対して、日本の債務はほぼ全て(約97%)は日本人が債権者であり、日本人が日本人に融資しているという形で国内で資金が回っている。従って、ギリシャのように大々的に海外に対して日本がデフォルト(債務不履行)することはありえない。むしろ日本は対外的には世界一の資産大国で、海外に対する対外純資産は約360兆円もある。この膨大な資産のおかげで日本は貿易赤字になっても全体では経常黒字になるほどだ。日本は国際的な収支ではしっかり稼ぎ続けている。
 また、日本人の個人金融資産は約1700兆円もあり、国の借金の潜在的な担保となっている。国には徴税権があるため、最終的には個人金融資産>国の借金であればファイナンスされるという理屈である。欧州等からみても日本の消費税は相対的に低いため財政の健全化は可能とみられている。

本当に、おかしな人たちが政府の要人だから困りますよね。

コロナで、ひたすら政府のおかしな点が浮き彫りになっているので、目につくのですが、あきらかにおかしい。

どう考えても、とち狂っているとしか思えない。

 

 

休業補償してるフリ

自粛にしても、休業補償で飲食店一軒につき、一日1万円給付するとか言っていますが、明らかに足らないだろ!

大きなお店ならなおさらです。

全く役に立たない。小さなお店でも、ほぼ意味ないでしょう。

飲食店売上収支シミュレーション

売上収支シミュレーション|飲食店ノウハウ集|飲食店開業コンサルティング「コロンブスのたまご」

上に一般的な飲食店の収支のシミュレーションを載せてみましたが、どうですかね。

席が40席確保できるお店でのシミュレーションなので、参考程度にしかなりませんが、とりあえず、見ておくと、

家賃が半端ない。42万です。

一日に割り算すると、家賃だけ見ても一日あたり1.4万円です。つまり、一日休むだけで、1.4万円は確実に消えていくことになる。

一日一万円給付したところで雀の涙。しかも収支はマイナスっていう爆笑問題。(真顔)

これで給付金出した気になっている政府は、本当に大丈夫?

 

いやいや。不満だらけ。

飲食店潰す気なのかとしか思えない。

 

しかも、前に10%に増税したことによって、消費は冷え込んでいて、さらにコロナショック。もう泣けてくる。(飲食店も何も経営していないけど)

 

 

最後に

これは誹謗中傷ではありません。政府批判ですので、国の未来を憂い悲しんでいるだけなのです。

おかしいことはおかしい!とはっきり言っていきましょう!

この国の未来を作っていくのは、国民です。国民主権ですから。

この国は政府のためにあるのではない。国民のためにある。国民がいかにして声を上げていくか、いかにして不満をまき散らしていくかが大事です。

不満がなければ、改革はあり得ません。

ただしく不満を持ち、不満を吐き出していきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。