ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

政治批判と誹謗中傷の違い

こんにちは。

今回は、政治批判と誹謗中傷の違いについて書いていこうと思う。

政治批判

政治批判は、政治家を批判するものではなく、政治や政策に対する意見と捉えるべきだ。政治に対する批判はあるべきもので、多少言葉が汚くとも許容すべきだと思う。

いくら政治家が傷つくとはいえ、国家を守るための政治、政治家なのだから、そんなことに構っていられないのではないだろうか。

なんでもかんでも規制すればいいというものではなく、政策に対する意見には、柔軟に対応していくのが望ましい。

 

誹謗中傷

誹謗中傷は、個人に向けた、いわれのない、批判のこと。

つまり、なんの意味もない。誰かのためにもならなければ、ただ人を傷つけるだけのもの。

政治批判は、政治をよくしたい、国をよくしたい、という思いが多かれ少なかれある。

しかし、個人に向けた根拠のない批判はなんの価値もない。

犯罪者には誹謗中傷をしても無理はないし、同情はしないが、テレビのタレントや、有名人など、普通の人(特に悪いことをしたわけではない人)に対する批判はなくすべきだ。

最後に

そこの微妙な線引きはSNSの会社ができるかと言われれば、おそらく無理だろう。

どれだけ監視が必要になるのか検討もつかない。

個人個人がリテラシーやマナーを身につけるほかないと思う。

きっちり政治に対する意見や批判はするが、人は傷つけないのが大切だ。

そもそも、僕はネットで誹謗中傷したことないし、テレビのタレントなど興味がないので、誹謗中傷する人の気がしれないが。

とりあえず、誹謗中傷は無くす方向に向いているのは良いことだと思う。

では。