ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

お笑いのメンタリティ

こんにちは。

今回はお笑いのメンタリティというテーマで書いていこうと思います。

公園で学んだお笑いの原型

こんな世の中だからこそ、お笑いのメンタリティが大事になってくるのかなと思います。

 

というのも、公園で筋トレと気晴らしをしていたら、子どもの会話が聞こえてきたんです。

キノコみたいな髪型の子どもがおって、まわりの子どもたちにキノコや!ってからかわれてたんです。

そしたら、その子は、

俺は、しいたけか、松茸か、マッシュルームや!!(ドヤッ)

って返してて、思いがけず、にやけてしまいました。

 

よくあるこどもの会話なのかもしれません。

 

でも、これって大事やなって思います。

 

どんな悪口も、からかいも冷やかしも、返し方一つで笑いにもなるし、落ち込みもする。

お笑いも、こんな感じなんじゃないでしょうか。

普段の何気ないことや自分の短所みたいなものも、笑いのネタに変えるのがお笑いですよね。

さっきの子どもの会話ってお笑いの原型のような気もしました。

子どもの方がいい意味で素直やから、秒でこんな返しができるんかなと思います。

当たり前ですが、落ち込んでるよりは、笑ってる方がいいんです。

そんな返しが、素直に秒でできる大人でありたいものですね。

最後に

今回は、お笑いのメンタリティについて書きました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。