ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

泣くことが少なくなった

泣くことが少なくなったのはいつからだろうか。

中学まではたくさん泣いていたように思う。

いわゆる泣き虫だった。

小学生のときは、ひどくて。

何かの発表で、人前に出たら泣く。怒られたら泣く。ドラえもんの映画で泣く。

本当にたくさん泣いていた。

でも、最近は泣く機会はめっきり少なくなってしまった。

心が鈍感になったのだろうか。

鈍感にならざるをえない。

いろいろなことに慣れてしまったのかもしれない。

ドラえもんの映画も、人前で発表することも、怒られることも。

感覚が麻痺しているのかもしれない。

現実の社会、いわゆるストレス社会を生きるには、感覚を麻痺させざるをえない。

いちいちストレスに感じていたならやっていけないのだろう。

逆に、感覚が鋭敏なままな人は、生きずらさを感じるのだと思う。

鬱になるひとは、感覚が鋭敏なのだ。

感覚が鈍感ならば、鬱にすらならない。

ウルフオブウォールストリートでも、麻薬で感覚を麻痺させながら、ぼろ儲けしていた。

ある人が言っていた。

ある程度の成功者には、凡人でもなれるが、飛び抜けた成功者にはなれない。と。

それは、ある意味、凡人の感覚では、精神的に耐えられないからなのではないかと思う。

飛び抜けた成功者は感覚が飛び抜けて鈍感なのだ。

鈍感だからこそ、ストレスを感じずぼろ儲けしても、人を踏みつけてでも上に立つことができる。

凡人に生まれたならば、飛び抜けた成功を目指すのは身を滅ぼすのかもしれない。