ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

守るべき日本の型

日本の武道の教えに、「守・破・離」がある。

守の段階は、基本的な型を反復し、型を身につける。

破の段階は、身につけた型を、破っていく。

離之段階は、型から離れて、自由になる。

という考え方。

日本にも、守るべき型があると思う。

今の日本は、破ばかりに目を向けている。

基本をおろそかにしているのだ。

昔から守り抜いてきた伝統、習慣、を失いつつある。

基本の型が身についていない段階では何をしても裏目に出るのが、オチだ。

受験でもそう。

基本的な解法、公式を知っているからこそ、難しい問題にも対処できるわけ。

基本的な解法、公式も知らずに、難問に対処しようとしているのが、今の日本だ。

基本的な解法の一つが、武士道であると思う。

武士道の精神を忘れてしまっている。

 

日本の伝統的な考え方に立ち返り、守るからこそ、そこから発展性が生まれるのであり、日本の型を身につけないのは、愚かでしかない。

武士道とは、美の探究である。

人がどうあるべきか。それを身につけるのが先決だと思っている。

 

人がどうあるべきかを身につけた後で、実用的なことも学んでいく。

基本は、人間の道徳だ。

 

どうあるべきかがあるから、発展していく。

そもそもの起点が間違っている。

 

自粛が必要だとか、不要だとか。それ以前に、どうあるべきか。が大事。

一日をどう生きるのか。そっちの方が大事やと思う。

 

一日、自分のやりたいことをやったのか。一つでも成長したのか。徳を積んだのか。

そっちの方が肝要だ。

 

目に見えないウイルスにおびえて、ひたすら家にこもって時間を無駄遣いしているのが果たして、良いことなのか。

三密を避けつつ、少しでも外に出て、活動的に過ごして一日を終えるのか。

 

どっちの方がいい?

 

この日本の大事にしてきた、あり方の部分、武士道の精神性を見直すべきなのではないだろうか。

 

 

武士道 (岩波文庫)

武士道 (岩波文庫)