ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

古き良き日本を取り戻していく

今、日本の古き良き伝統が失われつつある。

聖徳太子は、「和を以て貴しとなす」という言葉を残した。

和とは、和みである。

和を大切にしていこう。というのが日本の伝統だ。

それを失いかけている。

和とは、調和である。

「わたし」は昔は「私」ではなく、「和多志」であった。

たくさんの志が和合する存在。それが「わたし」であると考えたのだ。

自分という存在と、他人という存在の隔たりがなかったとも言える。

自分の願望も、他人の願望も、すべてはつながっていて、それは和合しているものだった。

だが、現代はどうだろうか。

人と人とのつながりは希薄になり、「我」をもった存在としての「私」がまかり通っている。自分と他人には隔たりがあり、物質世界にばかり目を向けている。

 

今こそ、日本の古き良き考え方に立ち返るべきときだと思う。

ウイルスとも調和して、和合していく。

目に見えないウイルスを敵と見なすのは、はたして正しいのか。

目に見えない敵と戦うことほど、ストレスなことはない。

目に見えない敵におびえ、家にこもり、皆が疑心暗鬼になっている。

 

韓国では、規制を緩和した途端に、集団感染が起こった。

 

日本も同じになるのではないかとおびえるのではなく、もう新型コロナウイルスと戦うのをやめるべきだ。

戦うという意識がまず間違っている。

和合することしか道はない。

このまま、人と人との隔たりがますます大きくなり、世界が分断されていくのが果たして良いことなのか。

甚だ疑問でならない。