ZAKIOLOGY

読書大好き大学生の雑記ブログ

受験生のスマホとの向き合い方

受験生はスマホを使うべきか

結論は、できるだけ使わないほうがいいです。つまり、最低限必要なとき以外は電源を切って、誰かに預けたり、目につかない場所にしまっておきましょう。

当たり前ですが、スマホを触ってる時間があるなら単語を一つでも暗記した方が成績にはつながりますし、できるだけ勉強にエネルギーをかけてほしいです。

スマホには便利なアプリとか、SNSとか色々ありますが、受験生のときぐらいは我慢してもいいかなと思います。

息抜きをしたいという人もいるかもしれません。でも、他の方法で、息抜きをした方がいいかなと思います。スマホの場合、誘惑がありすぎて、それに負けてしまったり、誘惑に耐えるときに結構エネルギーを使ったり、あまりいいことがないのでオススメしません。

息抜きであれば、散歩したり、少し運動したり、ストレッチしたり、場所を変えて勉強したりなど、体を動かす方法で、息抜きすると、血行もよくなったり、健康にもいいので、より勉強に集中できると思います。

また、息抜きの目的としては、効率が落ちたままやるのは良くないから、いったんリセットするということですので、スマホを触って息抜きをするのは理に適ってないですね。

スマホを使うときの注意点

どうしても必要なときにスマホを使うときの注意点についてですが、不必要なアプリは全て消しておきましょう。誘惑を少しでも減らして、無駄に時間をスマホに使わないようにしましょう。

次に、SNSですが、本当に信頼できる人とだけ連絡を取るようにしましょう。友達とかいっても、邪魔されたり、遊びに誘ってくるような友達は避けたほうがいいでしょう。

ネットサーフィンも同様です。信頼できる人のブログなどはお気に入り登録して、その人の情報だけを取り入れるようにしましょう。

ネットにはネガティブな情報も多いので、あまり見ない、見ても絶対に気にしないということを心がけてください。

今回はスマホとの向き合い方について書きました。

質問などはTwitterか、コメントにお願いします。

ではありがとうございました。