ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

挨拶は人と打ち解けるための一番楽なツール

おはようございます!!!!!

 

 

最近いろんな人たちと関わるようになって、

思うのは、挨拶は人と打ち解けるための一番楽なツールなのではないか。ということ。

 

小学生のときに教わった、人と会ったら挨拶をしましょう!というのは、間違っていなくて、

人と人がコミュニケーションをとるときに、

挨拶があると楽にスタートができる。

 

人に話しかけるのが苦手な人であっても、

こんにちは~。

って言うのは簡単で、

なんの含みもない言葉であり、

なんの誤解も生まない。

 

オドオドしていても、たいてい、こんにちは~。と返してくれるし、

挨拶も返してくれない人がいたとしても、

この人はたぶん自分とコミュニケーションを取る気がないのだな。

というフィルターにもなる。

 

挨拶なんて、自分からしてしまえばよくて、

先輩には後輩から挨拶をすべきだ!

みたいな固定観念も、

後輩から挨拶をしてこないなんて、気に食わん!

みたいな固定観念も必要ない。

 

すべての挨拶を自分からする気でいれば、

コミュニケーションは楽になるのだと思う。

 

コミュ力、コミュ力、と言われるが、

挨拶ができれば、コミュ障でもなんとかなる。

 

余談だけれど、

ネットでもそれは同じで。

 

何かメッセージをするときに、

こんにちは。と一旦挨拶してみるのも良いのではないかと思う。

 

これは僕に限った話なのだけれど、

話し始めるのと、話を締めるのが僕は苦手で、

まずわかりやすい取っかかりが必要だったりする。

 

わかりやすい取っかかりとしての挨拶は、

めちゃくちゃ有用なツールであり、

コミュニケーション潤滑油的な存在である。

 

自分が苦手な人に対しても、

挨拶くらいなら交わしても良いのではないか、と思う。

マジで嫌いな人には別にしなくても良いのだろうけれど、

ちょっと苦手意識があるような人に対しては挨拶は有効だ。

挨拶をきっかけに、話を広げることもできるかもしれないし、

愛着とか、慣れというものは、頻度で育まれる。

挨拶を毎回していたら、慣れていくし、愛着も湧いてくる。

そうしたら、苦手な相手にも多少は心を開けるのかもしれない。

 

 

そんな感じで、挨拶は結構有用なツールなのではないか、という話でした!

良い一日を!

 

学ぶべきことは必要に迫られたときに本気でやる。だから、三日坊主を繰り返しておけば良いと思った件

最近、pythonの勉強をし始めた。

YouTubeなどを見ていると、

これからの時代はプログラミングのスキルが必須!

だとか、

これからの時代はpythonが書けないと死んでしまう!(嘘)

だとか、

良く言われている。

だから、大学2回生くらいのときに、

pythonでも勉強してみようかしら。

と思った。

けれども、やる気なんてものは存在していなくて、

どうしても続かなかった。

print(3+5)

までしかやらなかった。

 

いや、そこはもうちょっと頑張って、

print(3/5)までやれよ。

 

とツッコんでしまった方もたくさんいることだろう。

 

ことあるごとに、

暇だなーとつぶやいていたから、

暇ならなんかやれば?

と自分に問いかけ、

なんか、って何?

いや、そりゃー、pythonとか?

という自問自答によって、

とりあえずpythonをもう一回やっておくか。

という気分になるのだった。

 

でもとりあえず、pythonやっておくか、

で身につくほど、簡単なわけではないし、

そもそもその、とりあえず、の賞味期限以内に

pythonは消化しきれないのだった。

 

そんなことを繰り返しているのであろうあなたに

言わせてもらいたい。

そんなに続かないことを悔やまなくて良いんじゃない?

と。

 

なぜならば、

僕は今、ちゃんとpythonを勉強しているから。

 

なんで今はちゃんとpythonの勉強をしているのか?

と問われれば、理由は明白で、

やらざるを得ない環境に身を置いているからだ。

やらざるを得ない環境というのは、

大学の研究室のような環境のことをいう。

 

別にやりたいわけではない。

でもやらないと、卒業できないし、

やらないと調べたいことが調べられないから、

今はちゃんとpythonの入門書をKindleで読みながらコードを書いてみている。

 

ちなみに、僕はKindleのアンリミに登録しているから、

月額1000円でpythonの本が読み放題である。

たしかに、評判の良いやつとか、マジでがちなやつは、買わないと読めないけれど、

そもそもプログラミングっていうことをやっている人たちは、

オープンな人が多い。

プログラミングの言語自体がオープンソースだしね。

だから、いろんな情報はネットにもあるし、

普通の人が書いたKindleでもちゃんと書いてある。

 

僕はある程度、自分に痛みを伴わなければ勉強が続かない人間なため、

Kindleのアンリミは良い塩梅な気がしている。

Kindleのアンリミは気がつくと読むのを忘れてしまっているから、

pythonの本は意外とありがたい。

pythonの本はちょっとお高いから、

それをKindleのアンリミで読めば、

一冊で元が取れるという仕組みなわけである。

Kindleのアンリミは普通にオススメ。

 

 

そんな感じで、何かやらないとなー。あれやったほうがいいかなー。

となって焦って、そしてやってみたは良いものの、続かない。

という人は、

安心していい。やるべきときが来たら、おそらくやる。

だから、何回も三日坊主を繰り返しておこう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

では!

書評 Noサラリーマン、Noジャパン (さとうみつろう著)

 

今回紹介するのは「Noサラリーマン、Noジャパン」

めちゃくちゃ面白く、かつ大切なことがたくさん書かれていたので、

めっちゃオススメです!

 

たぶん、僕ら世代(今20代前半の人たち)はサラリーマンという単語に対して、

ちょっとどころか、かなりネガティブな捉え方をしているのではないでしょうか。

サラリーマンが自殺したり、サラリーマンが大変だ、

みたいなニュースを幼少期から目にすることが多かったからかもしれないですね。

 

僕もこの本を読むまで、ネガティブな捉え方をしてしまっていたし、

サラリーマンってなんか、かっこ悪いなー。とぼんやり思っていました。

 

この本を読んだら、そういう考え方は間違っていたんだなと思ったし、

少しはサラリーマンに希望がもてるのではないかと思います。

 

サラリーマンに対して恐怖心みたいなものがある大学生にもオススメだし、

現在サラリーマンまっただ中の方にもオススメしたい本!

 

この本は、

虎太郎という主人公が、東京から新潟の企業に出向してきて、

虎太郎は営業1課の課長。

その虎太郎と、部下のやりとりや営繕係の「営繕さん」とのやりとりなどを通して、

サラリーマンが抱えがちな悩みを解決してくれる物語になっています。

対話形式なので、とても読みやすいですし、

難しい話もなく、スラスラ読み進めることができると思います!

 

 

あなたは、なぜ働くのですか?
どこかモヤモヤしている人、必読!

会社を辞めたいなんて考えているアナタ! なんのために仕事をしているのか分からなくなっているアナタ! 何より先に本書を読むことをオススメします。その悩みのほとんどすべてが、きっとすっきり解消するでしょう。
とある地方の支社へ東京から出向してきた社員が、その会社の雑用係である“営繕さん”から仕事の本質を学びながら大きく成長していく、著者渾身の痛快小説です。
上場企業で10年間のサラリーマン経験をもつ著者ならではの、笑えて泣けて、目からウロコが落ちまくる一冊が待望の文庫化!
(本書は2017年に小学館より出版された単行本『営繕さんの幸せドリル』を改題し、表記・表現などを一部改訂したものです)

【目次より】営繕さんの智慧(一部抜粋)
◎「何」を観るかは問題じゃない。「誰」がそれを観たかが問題なんじゃあ。
◎会議室の蛍光灯がよく切れる会社は、離職率が高いんじゃよ。
◎相手より「先」に正直に話すだけじゃ。
◎無駄こそ、人間の最大の機能じゃないか。
◎仕事が楽しみを与えてくれるんじゃないよ。仕事を、楽しむんじゃよ。
◎趣味が合わない奴同士が、一番会話が盛り上がるんじゃぞ。
◎部下が起こしたヘマこそが、本当は「正解」なのかもしれない。
◎人生をより良くする必要はない。人生というだけで、もう合格なのだから。
◎会社のことをもっと家族に、家族のことをもっと会社に伝えないとイケないんです。
◎逃げたらエエねん、どこまでも。落ち着く場所が、見つかるから。

アマゾンのページより引用

すごく面白かったし、

学べた点は多くあるのだけれど、

今回は、三つに絞って書いておこうと思います。(上の太字のところ)

 

◎「何」を観るかは問題じゃない。「誰」がそれを観たかが問題なんじゃあ。

これは、会社をいくら変えても、

その人の意識が変わらないと、同じ問題が起きてしまう。

ということです。

 

いくら環境を変えても、現象を見ている自分が変わっていないと、

同じ現象が起きてしまう。

 

これは仏教で言うところの、唯識という概念です。

唯識思想では、各個人にとっての世界はその個人の表象(イメージ)に過ぎないと主張し、八種の「識」を仮定(八識説)する。

Wikipediaより

 

要は、世界を見ている個人のイメージによって世界は作られている。ということです。

僕のイメージは僕のイメージでしかないし、

あなたのイメージはあなたのイメージでしかないですよね。

同じ単語をイメージしても、同じイメージを持てるわけではない。

リンゴをイメージしてください!と言っても、

赤いリンゴをイメージする人もいれば、

青いリンゴをイメージする人もいるかもしれない。

 

そのように、結局のところ、同じ現象が起きたとしても、

その捉え方は個人によって全く異なるし、

その現象そのものよりも、その現象の捉え方、解釈力の方が重要である!

ということですね。

 

だからこそ、会社をやめたいなー、と悩んだときに、

自分の意識が変わらないと意味がない!

ということを意識するべきだ、と営繕さんは言っているのです。

 

会社をやめたいなー、とか

転職したいなー、とか

そういうことを思ったときに、

目の前に起きている問題から逃げるためなのか、

自分が成長するためなのか、はたまた別の理由なのか、

一度立ち止まって考えてみると良いのではないでしょうか。

 

◎相手より「先」に正直に話すだけじゃ。

上に書いたように、自分の意識が世界を作っているのなら、

人と話すときにも、自分から先に話しかけようと意識しているのか、

人から話しかけてもらえないかと意識しているのか、

によって、世界は変わってくるのではないか、と想像を広げることができますよね。

つまり、人に先に話しかけようとしている人は、

先に話しかけようとしている人が現れやすく、

人に話しかけてもらいたがっている人は、

人に話しかけもらいたがっている人が現れやすい。

という現象になります。

 

自分の考えていることを正直に話す人には、そういう人が集まってくる。

類は友を呼ぶっていうのはこういうことを言うのかもしれません。

 

まあ、理屈では簡単です笑

でも、実践するとなると、

どうしても自分を守りたいという意識が邪魔をしてきますよね。

やはり勇気は必要ですし、

内向的な性格の人も、外向的な性格の人もいると思います。

 

そりゃ、今まで生きてきた環境も違えば、

性格も違いますから、

人によって実践の難易度は変わってきます。

 

でも、そんなに難しく考えなくても良いような気はしています。

正直に話すだけなのだから。

勇気も信頼もいらないのかもしれません。

単に、自分が思っていることを言えばいい。

単に、行動を起こしてしまえばいい。

 

その後のことや、「自分」を挟んでしまうから、

邪念が起きるわけです。

 

誰も未来などわからないし、

正直に話してみて、相手がどんな反応をするか、

なんてコントロールしようがありませんからね。

 

わかり合える仲間を作るには、本音を最初からぶちまけることが大切なのかもしれません。

 

◎無駄こそ、人間の最大の機能じゃないか。

僕は、ブログで散々このことを書いてきた気がします。

僕は本来は合理主義からは遠いところを生きている人間です。

 

zakiology.com

大学に入ったらやりたいこと=無駄なこと

だったので、

散々、無駄なことをやってきました。

このブログも無駄なことだし、

無駄なことばかりやっていると、

人間の心って豊かになるのではないか。

そう本気で思っています笑

証拠↓

zakiology.com

1回生のときから、こんなことを書いているなんて、驚きですね笑

今でも無駄という価値を信じていますし、

たくさんの無駄を経験してきても、

やはり無駄なことは必要だったな。

と思っています。

 

短期的目線では無駄に思えるようなことは、

長期的目線ではそれが反転するような気がします。

 

ということで、

オススメなので、

ぜひ読んでみてください!

 

 

【netflix】 「シスターズ」が面白い件

まだ8話までしか見ていないけれども、

シスターズはマジで面白い!

オススメなので、紹介しておこうと思います!

 

シスターズの概要

貧乏だった三姉妹が、巨大権力の闇に触れていく物語です。

ジャンルはサスペンス。

三姉妹は貧乏であることに強烈に劣等感を感じていて、

その劣等感からお金を渇望していました。

そこから、巨大権力がらみの事件に巻き込まれていって、、、、、

というストーリーです。

 

 

オススメな理由

1.俳優の演技力が高い

まず、韓国ドラマということもあって、

非常に俳優さんたちの演技力が高いということ。

表情の操り方が非常にすばらしくて、

表情の機微だけで演技が成立していることに演技力の高さを感じました!

こういう巨大権力がからんだサスペンスものは、

日本のドラマよりも、韓国のドラマのほうが面白い!

っていうのが僕の持論です笑

 

2.映像が綺麗

そして、映像も言わずもがな綺麗で、

見ていてうっとりしてしまうような映像になっています。

青いランが出てくるのですが、

それが出てくる度に背筋が凍るというか、

とても悲劇的な色合いで、

その映像がとても鮮やかなことにも引き込まれました!

 

3.展開が予測しにくい!

次に、展開の予想がしにくい!ということ。

かなりたくさんの登場人物が絡んでいるため、

なかなか予測がしにくいです。

しかも、歴史も絡んでいるため、

登場人物の多さ×歴史の長さというかけ算によって、

情報量が多くなっているのが特徴だと思います。

情報量が多いということは、

それだけ展開が読みづらいということでもあって、

僕はたくさんのドラマを見てきましたが、

ここまで展開が読めないドラマは久しぶりです!

 

1話目から引き込まれると思いますし、

韓国ドラマはたしかに1話が長すぎますが、

全然時間の長さを感じないと思います!

 

 

ということで、オススメなため、

時間のある方はぜひ見てみてください!

 

では!

月食が赤く見える理由

昨日は月食がありましたねー。

月食と天王星食が重なるのはめっちゃ珍しいらしく、次に起こるのは300年後とからしいですね。

300年後にどんな世界になってるのだろうか。

と考えても、わからない笑

江戸時代からすると、今の時代は全く予想がつかなかっただろうし、300年後も今から考えると予想もつかない変化が起こっているのでしょうね。

 

そんな前置きはさておき、

月食がなぜ赤いのか?について書いておきます。

僕は曲がりなりにも理系学生なので、散乱光については普通の人よりは知っています。

空がなぜ青いのか?っていうことと関係があることなので、知っておくと面白いと思います!

 

光の散乱

まず、光の散乱についてです。

よくある光って、白く見えますよね?

白く見えてるけども、実はいろんな色の光が合わさって白くなっているんです。

色っていうのは、光の波長の違いによるもので、

赤色が波長が長く、青色(紫)は波長が短いのです。

知らず知らずのうちに使っている電磁波に、

赤外線と紫外線がありますが、

赤外線は、赤色の外、なので、赤色の光よりも長い波長の電磁波です。

紫外線は、紫の外、なので、紫よりも波長が短い電磁波です。

 

高校の物理で出てきますが、光のスペクトルというものがあります。


f:id:zakioza:20221109212936j:image

光のスペクトルというのは、

光をガラスなどに通すと、色によって波長が違うため、屈折する角度が異なるというものです。

要は、波長が短いほど、屈折しやすく、

波長が長いほど屈折しにくい、という感じです。

 

月食が赤い理由

月はいつもは白く見えるということで、

色んな色の光を太陽から受け取り、それを散乱しています。

月食が赤いのは、地球の色を考えればわかるように、地球は青いので、青色の光を散乱しているわけです。

月食では、地球と月が一直線に並ぶので、月にとっては、青色の光が地球によって奪われる形になるわけです。

青色付近の波長の光が月に届かなくなる。ということで、残った赤色系の光のみが月に届き、月は赤く見えるということなのです!