ZAKIOLOGY

受験生から大人まで勉強を楽しみたい人のために

最近大学で勉強していることを紹介してみた!

 こんばんは。

おざきです。

今回は、僕が最近大学で何を勉強しているのか?

f:id:zakioza:20210430010940j:plain

ということについて

書いていきます。

 

需要あるのか?

需要は僕もないと思っていますが、

とりあえず思いつきで書いてみますw

 

ざっくりわけると、

  • 力学
  • 化学
  • 放射線
  • 実験

という感じ

他にも制御理論や英語、気象学などもありますが、

それは末端なのでおいておきます。

 

 

力学

力学といっても、いろいろありまして、

僕が最近やってるのは、

流体力学と材料力学です。

流体力学は応用、

材料力学は基礎ですw

なんで流体は応用なのに、材料は基礎なのか。

それは、去年、単位を落としたからですw

いや笑っててはいけないのですが、

材料力学があんまり好きではなくて、

それで今年も勉強してます。

流体の応用ですが、

正直わけわかめw

まじでわからないですw

頑張ります。はい。

 

化学

化学は、

主に分析化学と呼ばれる分野。

中和と言われれば、わかる人もいると思いますが、

酸と塩基が混ざると中和と呼ばれる現象が起きます。

そんな感じの勉強です。

 

いや、そんな感じではないのですが、

わかりやすく言うと、そういう感じですw

実際は、理論的なことをやっているので、

数学的な式変形が主ですね。

 

放射線

放射線と書くと、

なんかヤバそう。

みたいな感じに思われるかもしれませんが、

実際に今日もあなたは放射線を浴びてましたよw

っていうのが「あるある」のネタです。

太陽放射っていう放射線の一種がありまして、それを毎日浴びてます。

放射線というのは、粒子が崩壊したときに、放出される粒子線などのことですが、

例えば、X線は放射線です。

放射線は

粒子を崩壊させたり、電子を電離させたりすると放出されます。

 

放射線治療みたいに現代の医療現場では、

当たり前に放射線が使われています。

ラジエーションハウスっていう漫画がありますが、

radiationは放射線という意味で、

CT検査などを行う場所のことをラジエーションハウスと言います。

f:id:zakioza:20210430010410p:plain

この漫画、実写化されてましたね。

ちょっとだけ見た記憶があります。

⇓これ

f:id:zakioza:20210430010524p:plain


完全に余談ですが、

放射線と放射能は違います。

放射能は有害ですが、放射線は必ずしも有害ではありません。

放射能っていうのは、放射線を出す能力のことで、

放射性物質っていうのが放射能を持っているわけですね。

原発で問題なのは、放射線を出す能力のある放射性物質が出てくるからで、

別に放射線自体は問題ではないんですよね。

放射能が危険なのは、内部被曝すると、体内でずっと放射線を浴び続けてしまうからなんです。

放射線を浴び続けると、DNAを損傷してしまったり、がん細胞ができたり、っていうことが起こるかもしれないので、危険なわけです。

害がないレベルの放射線は別に大丈夫っていうわけです。

まじで需要ないですねwはい。

 

原発のせいで、放射線は危険なイメージありますが、

案外そういうわけでもないんですよ。

っていうことが伝えたかった。

 

 

 

実験

実験は、最近はオンライン授業なので、

動画を見てレポート書くだけっていう。

正直、ぼったくりですね。

ぼったくりすぎですよね。

それに提出期限もあったりして、

提出期限を遅れると教授にいびられるわけですw

単位ださんぞ!

って脅されるわけですw

まさにぼったくり。

まあ、期限内に提出しない方も悪いんですけどねw

 

最後に

そんな感じで、大学で勉強してることを紹介してみました。

また、興味がある人いたら、書いてみようかなー。

まあ9割9分9厘ないと思うので、貴重な記事になりそうですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。

セッションに学ぶ成功法則

 こんばんは。

おざきです。

今回は、映画「セッション」に学ぶ成功法則というテーマで書いていきます。

 

 

セッション(字幕版)

セッション(字幕版)

  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: Prime Video
 

 

あなたは、「セッション」を見たことがありますか?

もし、見たことがないのなら、今すぐ見ることをオススメする。

 

「セッション」には、将来大物になるためのエッセンスがものすごく詰まっている。

今回は、その中から、三つほどテーマを絞ってお伝えする。

 

悔しさを真正面から受け止めた人が将来大物になる

「セッション」の中で、印象的なシーンがいくつかあるが、

 

師匠フレッチャーが主人公アンドリューにわざわざ言わせる言葉がある。

 

「悔しい」

だ。

 

あえて、大声で「悔しい」と叫ばせる。

しかも、大勢の人の前で。

 

これは、「悔しさ」を真正面から受け止めさせているのだ。

 

「悔しい」

という感情をあえて、言葉にさせる。

 

その結果、この後

アンドリューは、練習に打ち込む。

 

真正面から、「悔しさ」を受け止めたからこそ、

その悔しさを怨念に変えて、エネルギーに変えることができるのだ。

 

言葉の裏の裏まで読み取る

一見すると、フレッチャーの言葉は理不尽に思える。

フレッチャーは家族のことまでバカにする。

 

家族をバカにされて何も思わない人はいない。

それをわかっていて、あえて言うのだ。

 

なぜ、嫌われるようなことをあえて言うのか?

 

「Good job!

この言葉が人をダメにする。」

とフレッチャーは言う。

 

だから、真逆のことを言うのだ。

 

本当はフレッチャーもアンドリューの努力をわかっている。

フレッチャーほどの指導者であればこそ、

アンドリューの努力を感じていたはずだ。

だが、Good job!

と認めてしまったらアンドリューの才能は目覚めない。

 

アンドリューの才能を引き上げるため、

アンドリューの潜在能力を信じているため、

絶対に褒めたりしない。

 

さらに、フレッチャーのすごいのは、

ちょっとアンドリューが自信をつけたと思ったら、

さらなる発破をかける。

 

「お前は『臨時の』主奏者だ」

そう言って、

あえて、競争の中に身を置かせる。

 

未熟者は、競争の中で磨かれる。

 

フレッチャーの言葉には愛に満ちている。

その背景を感じると涙なしには見られない。

愛にあふれる人間ほどいつも孤独だ

アンドリューもフレッチャーも、

いつも孤独だ。

 

しかも口下手。

多くは語らない。

フレッチャーは、音楽をやっている最中、無駄なことを一切話さない。

 

だが、アンドリューと再会して、酒を飲みながら会話するとき、

やっと自分の思い、背景を語る。

 

愛のある人は、いつも孤独だ。

そして、一つのことを突き詰める。

その突き詰める「ひとつのこと」をやっているときは、

多くを語れない。

 

だからこそ、あえて、酒の席でアンドリューと話したのだ。

 

そして、感動のラストシーンでは、

フレッチャーの愛を感じ、アンドリューは舞台に戻ってくる。

そして、アンドリューは最高のパフォーマンスを発揮し、

フレッチャーの期待値を遙かに超えていく。

 

アンドリューは一人で練習に励んでいた。

恋人をわざわざ振ってまで、血のにじむ練習をかさねる。

 

天才というのは、いつの時代も孤独だ。

子を持たない天才は数え切れない。

 

人は、孤独な時間に成長するのだ。

 

最後に

僕には、フレッチャーを見たときに、とある先生を思い出していた。

というか、まさしくその先生が映画の中にいたのだ。

 

中学の部活の顧問の先生だ。

その先生は、時代の流れに逆らっていた。

先生は、僕らの世代を最後に指導をしなくなっていったそうだ。

その先生も、いつも孤独で、いつも愛にあふれた人だった。

 

その先生に出会えていた奇跡を感じざるを得ない。

今の時代感から言っても、もはや絶滅危惧種だと言っていいだろう。

 

そんな先生に鍛えていただいた歴史があるからこそ、

この映画には号泣した。

僕はあんまり映画で泣いたりしない。

なのに、号泣と言っていいほど、泣いた。

 

それくらい良い映画だった。

ぜひ見てほしい。

セッション(字幕版)

せっかくの緊急事態宣言なので、なんかやろう!

こんにちは。

おざきです。

緊急事態宣言が発令されましたね。

 

おわび、おわび、おわび

ばっかりで、

謝る気ないだろ!

と思いましたが、それはおいといて、

 

せっかくの緊急事態宣言なので、

これを機に、なにかやってみましょう!

というか、僕はなにかやってみる!

 

何やろっかな?

と思ったときに、

まず浮かんだのは、

  • 筋トレ、ストレッチ
  • 「範馬刃牙」読破
  • 映画100本ノック
  • 書評毎日1本
  • 大学の課題を終わらせる
  • 神社行きまくる

くらいですかねw

 

まず、筋トレ、ストレッチは最近はじめて、

2週間くらい続いてるので、さらに続けて習慣化したい!

 

で、「範馬刃牙」をピッコマで毎日読み漁ってるので、

これを機に、中古で全巻セットで買って、読破するっていうことがしたい!

 

そんでもって、映画100本ノックもやってみたい。

最近、「セッション」っていう映画を見て大号泣したので、

そういう作品を発掘したい!

あ、「セッション」はまたレビューします!

めちゃめちゃいい映画だったので、僕の経験も交えながらレビューできたらいいな

って思ってます。

 

書評毎日1本

っていうのは、まあ積読が増えてきたので解消するためにやろうかなって思ってて、

 

大学の課題は終わらせれるやつは終わらそうと思ってます。

 

あとは、神社に最近いけてないので、

浄化しに行こうかと思っています。

あんまり行ったことのない神社に行きたいですね。

兵庫県内の西の方にはあんまり行ったことないので行ってみようかな。

 

そんな感じで、

みなさんも、なにかやりたいことを消化するGWにしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。