ZAKIOLOGY

学ぶ楽しさを探求する

昨今の教育についての疑問 なぜ人生において大切なことを考えさせないのか?

今回は、昨今の教育についての疑問について書いてみる。

池田晶子氏の14歳の君へという本を読んだ。

14歳の君へ―どう考えどう生きるか

 

買うときに少し躊躇した。

いや、14歳ちゃうしな。

23歳になるおっさんが読んで良いのだろうか。

そんな葛藤が繰り広げられたが、

無事買った。

良かった。

すごく。

普遍的でものすごく大事なことが書いてあるのに、

読みやすい。

求心力がある。

まるで年上のお姉さんに膝枕をしてもらって優しく諭されているような気分だった。

勘違いしないでもらいたいが、

もちろん子どもだったときの自分が、である。

今の自分が池田晶子氏に膝枕されているなど滑稽。

そんな想像をしている23歳は嫌である。

 

話がそれたが、

話はそんなことではなく、

昨今の教育についての疑問である。

池田晶子氏の本を読んで、いかに自分が子どもだったときに大事なことを学んでいなかったかを思い知った。

 

学校では、池田晶子氏ほど平易な言葉でかつ優しく、そして知性的に教えてくれる人なんて一人もいなかった。

池田晶子氏は知性の高い人であったと思う。

僕よりもはるかに賢い。

 

こんなすごい知性の持ち主が学校の先生をやっていたらいいのだけれど、

そんなことはない。

 

というか、学校の先生はレベルが低い。

知性がない。

まったく知的ではなかったと記憶している。

今23歳になって思うのは、学校の先生は大したことがなかったということである。

 

たぶん学校の先生の多くは今の僕よりはるかに頭が悪いし、

はるかに読書していないし、はるかに知性が低い。

 

教育の質というものを考えたときに、

教師の質が肝要になるのは明白だ。

 

少なくとも、一からすべて教師が教えることはできなくとも、

勉強するためのガイドをできるべきである。

 

ここで言いたい勉強というのは人生についての勉強である。

5教科を教えるなどどうでも良い。

そんなことは誰でもできる。

できない方がおかしいのであり、

そんなことは当たり前のことだ。

 

大事なのは人生において大切なことを教えることができるかどうか。

それができる教師に僕は学校で出会ったことがない。

塾の先生はたまにそういうことを教えてくれる人がいた。

 

思えば、学校の先生というのは公務員で、

真面目に生きてきた人の象徴だ。

真面目に生きてきた人ということは、

常識的に生きてきたということとほぼ同義であり、

その常識を世間から押しつけられ、

それに疑問を持たずに生きてきた人だ。

本当に教師が好きで仕方ないという人は少ないだろう。

けれど、塾の先生は本当に教えるのが好きでやっている人だった。

塾の先生は自分の思った通りに人生を生きている人が多かった。

 

こう考えてみると、

なんで塾の先生の方が人生において大切なことを教えてくれたのかと言えば、

それはその先生自身が自分で自分の人生を主体的に生き、

そこから得た学びを昇華して教えてくれていたからなのではないか、

と思える。

 

そうなのだ。

学校の先生は、自分の人生を主体的に生きているかと言えば、

割と疑問が残るのだ。

常識的に生きることは悪いことではない。

一般的に言って、教師という仕事は尊い仕事だし、

教師になるのは大変なことだ。

しかしながら、常識的に生きている人から学べることは少ない。

常識的に生きている人は総じてつまらない。

 

本当に大切なこと、人生において大切なことを語れる先生に出会うのは子どもにとってとても貴重であり、

その子の人生を左右する。

たった一人でも、そういう大人に出会えた子どもは幸運だ。

常識的な人生を生きることに対して疑問を持てる。

疑問を持てるということは考えることができるということで、

考えることができるということは自分で人生を作っていくことができる。

 

昨今の教育では考えさせない。

特に人生において大切なことについて。

そもそもそれのたたき台となるテキストすらない。

人生とは何なのか、

幸福とは何なのか、

なぜ生きるのか、

それを考えさせない。

 

本来、教育というのはそれを考えさせることなのではないか、と疑問に思ってしまう。

そしてそれができるのは本を読むか、塾に通って良い先生に出会うか、もしくは良い親を持つか、くらいなものだ。

学校でそれができるのなら、もっと良い教育がされるのではないかと思う。

もはや5教科の授業などYouTuberの方が上手であるし、

もはや需要はない。

そんなことよりも、哲学を教える事の方が価値があるのではないだろうか。

 

 

14歳でこの本に出会ったなら人生が変わる人もいるだろう。

それくらいの威力がある本だと思った。

ちなみに大人だからこそわかる部分も多分にある。

大人にならなければわからないこともある。

14歳からこの本に出会い、人生について考えることができたなら、

良い人生を送れるのではないか。

 

 

 

追記

 

 

 

僕は幸か不幸か、いじめられたことによって死にたいと思い、

そこからなぜ生きるのかを考えていた。

当時の人生を考えるテキストはBUMP OF CHICKENだった。

彼らの哲学的な歌詞が僕の指針だった。

そういう手段もあるということだけ、書き加えておく。

子供にとって塾は宗教と同じだと思うっていう話

僕は小学生のときから塾に通っていた。

地元では有名な進学塾で、

僕はその塾が好きだったし、

そこに通ったことを一ミリも、いや一ミクロンも悪かったとは思わない。

だから、塾を貶める意図はないということだけはわかっていてほしい。

 

最近はもっぱら某宗教団体が叩かれている。

別に僕はその団体と関係があるわけではないし、

なんとも思っていないのだけれど、

いささか叩かれ過ぎな感はする。

 

僕は宗教はあって良いと思っているし、

というか、

子供の時から宗教っぽいものに傾倒していた。

 

その宗教っぽいものが塾だった。

割と熱血な感じの塾だったから、

宗教的な感じが強かったのかもしれない。

 

その塾がどうこうというわけではなく、

塾っていうのは子供にとっては宗教とほぼ同じだということが言いたい。

 

そもそも構造が似ている。

か弱き市民とカリスマが宗教には存在するが、

塾だって同じだ。

か弱き子供とカリスマ講師。

か弱き子供はカリスマ講師に傾倒していく。

 

霊感商法というけれど、

塾のカリスマ講師だって多少パフォーマンス的な感じのかっこいい解き方を披露するし、

カリスマ的な感じを見せつけなければ、商売としてあがらないのが集団塾だと思う。

霊感商法と同じような感じだよ、それこそ。特別な解き方があって講師には特別な能力があるように見せているだけ。

 

問題を解かされて、一生懸命解くけれど、まったく解けない。

でもカリスマ講師はこんなに鮮やかに美しく解いている。

なんてすごい人なんだ!もう神様みたい!

って思うのが純粋な子供。崇め奉ってる時点でもうそれは宗教と同義。

 

塾だっていろんなサービスを受けるためにお金を払わなければならない。

個人的なカウンセリングを受けるにしても、

夏期講習を受けるにしても、

なにかとお金がかかるのが塾だ。

 

やっていることは宗教と同じ。

親の方もお金を払って塾に通わせることで救われている部分があると思う。

自分は子供のためにいいことをしてあげているんだ。

という意識を持たせてくれるのが塾という存在であり、

言うなれば、イエス・キリスト。

親の罪まで肩代わりしてくれるありがたい存在が塾じゃないのか。

でも実際に蓋を開けてみると、塾に行って成績が上がるのは、自分で勉強することができる子供だけだし、

結局は塾に行ったところで成績が上がらない子供のほうが多いのではないか。

 

結局の所、現実的な解決策を望んでいるのではなく、

救われている気分を味わいたいがために塾に通わされている、

もしくは通わせているか弱き市民が貢いでいるだけ。

その構造自体、宗教そのものなんじゃないの?

ということを思う。

 

でもそれが悪いなんてだれも思っていないし、

疑問を持たないようにしているんじゃないのか。

現実を生きるのは苦しいし、辛い。

だから宗教に救いを求める。

信じられるものがほしい。

それにすがりたい。

 

それが人間というものだ。

別にそれは悪いことじゃない。

普通のことだ。

 

だから宗教=悪みたいな短絡的な考えはしないほうがいい。

宗教に傾倒していないと自殺する人はもっと増えるかもしれない。

 

僕は良い宗教が増えたほうが良いとおもうだけだ。

良心的な宗教といっても良い。

本当の愛とか本当の精神性の向上とか、

そういう本当の宗教が増えることのほうが大事なはずだと思ってしまう。

 

僕が通っていた塾は良い宗教の塾だったと思う。

良心的だった。

たしかにちょっと宗教チックだったけれど、

良い人が多かったなと思う。

 

結局、

人々の精神性が向上すれば良いのであって、

そもそも宗教がなくても良いくらい人間が強ければ良いのであって、

みんな超人の心意気で生活すれば良いんだよ。

 

でも現実的に無理な人もいるから、

宗教はなくならないし、救いを求める人はなくならないだろう。

だから良心的な宗教が増えたほうが良い。以上。

僕の青春を彩ったプレイリスト10曲version

今回は、別に誰も読まないであろう記事になります。

そんなことして何の意味があんの?

みたいな怖いことを言わないでください。

とりあえず、最近は中学とか高校時代を思い出すことがたまにあって、

それでたまにはこういう青春時代を振り返る系のことも書いてみたら良いのではないかと思った次第でございます。

御託を並べても大して意味はないので、

早速聞きたい方は順番に聞いてみてください!ドウゾ!

 

1 GReeeeN 道


www.youtube.com

切り込み隊長的な感じ。

めっちゃよく聞いてた。

2 BUMP OF CHICKEN 虹を待つ人


www.youtube.com

バンプのrayが出たとき、

本当に革命的だった。

rayの中で好きな曲といえば、

虹を待つ人しかありえんでしょって感じだった。

今なら圧倒的にグッドラックだけどね。

3 BUMP OF CHICKEN 才悩人応援歌


www.youtube.com

スーパーノヴァにするか才悩人応援歌にするか迷ったけれど、

青春って感じがするのは才悩人応援歌の方。

4 Mr.Children CROSS ROAD


www.youtube.com

ミスチルといえばHANABIって感じの人もいるだろうし

tomorrow never knowsっていう人もいるかもしれないし、

やっぱ終わりなき旅でしょっていう人もいるだろうけれど、

僕の中ではミスチルといえばクロスロードでしかないんですよね。

5 RADWIMPS 会心の一撃


www.youtube.com

主に高校のときにカラオケで歌いまくっていた曲。

ライブバージョンがめっちゃ好きで何回ユーチュブ見たんやろってくらい。

100回くらい再生回数伸ばしたのは他ならぬ僕です。

6 NICO Touches the Walls   DIver


www.youtube.com

NICOといえば、DIVERっしょ。以上。

7 BUMP OF CHICKEN beautiful glider


www.youtube.com

コスモノートの中だったら圧倒的にbeautiful gliderなんだよね。以上。

8 Mr.Children Everything(it's you)


www.youtube.com

恋愛してるときは聞きたくなった曲。最近はご無沙汰ですけれども。

9 BUMP OF CHICKEN オンリーロンリーグローリー


www.youtube.com

10代で得た知見って感じの歌。

10 The ROOTLESS    One day


www.youtube.com

ワンピースのオープニングはなにか入れたかった。

入れるなら東方神起のshare the world かこれか安室奈美恵のfight togetherだなって思ったけど、やっぱOne Dayは外せなかった。

最後に

僕にとっては懐かしい曲しかないのだけれど、

人によっては全く興味がない曲ばかりなのかもしれない。

中学と高校と言えば、ミスチルとバンプとラッドしか聞いていなかったんじゃないかというくらいその3つのバンドばっかり聞いていた。

流行にのっかるみたいなことは昔から好きではなくて、

流行の曲は、ちょっと最大瞬間風速を超えて風が収まったかなー。

というのを見計らってから聞くようにしていた。

それは今でも変わらなくて、

だいたい今なんてビートルズばっかり聞いている。

アルバムを10枚買った。

最近のお気に入りはリボルバーとラバーソウル。



ファンの間でも名盤と呼び声の高いこの2つのアルバムだけれど、

やっぱり別格だなと感じる。

特にラバーソウルは良い曲しかない。特にrun for your lifeが好き。


www.youtube.com

意外と好きなのがイエローサブマリン。

あのなんともいえない脱力感がなんか好きだなと思う。


www.youtube.com

青春時代の名曲のはずが、最近のことまでダラダラと書いてしまったけれど、

まあそんな感じです笑。どんな感じだよ笑(^_^;)

風邪の効用

何か病気になったときに、

心配してくれる誰かがいて、

ちょっとしたものを買ってきてくれたり、

励ましの言葉をかけてくれたり、

もしくは単に顔を見せに来てくれたり、

なんてことはないのに、

それをしてくれることでとても勇気づけられる。

 

何か病気になったときは、

たいていメンタルも落ち込んでいる。

病気くらい誰でもするし、

ちょっとした病気はしたほうが良いくらいだ。

それなのに、

病気になると誰かに迷惑をかけたり、

予定していたことができなくなったり、

今まで当たり前だと思っていたことができなかったりする。

それは割と憂鬱なことで、

案外メンタル的にも不調になりがちだ。

 

自分には価値があるのだろうか。

迷惑をかけてしまって申し訳ない。

直ったらまた頑張らないと。

そういうプレッシャーというか、

圧迫感というか、

そういうものを感じてしまうこともあるだろう。

 

病気になったくらいで人の価値が変わるわけはないし、

迷惑はかけないように頑張ったところで何かしら迷惑はかけているものだし、

頑張らなくたってそんなにみんな気にしていないものだ。

だけど、頑張れない人間は価値がないという思い込みがある人は多いのではないだろうか。

 

病気というのは、その背景に頑張りすぎという問題がある。

風邪を引くということは、身体に負荷をかけすぎていたり、

身体に力が入りすぎているサインだったりする。

風邪を引くと身体は無理矢理緩むし、

力を入れようとしても入らなくなる。

 

根本的な問題は、頑張りすぎ。

もっと頑張らないようにしてくれよ。

という身体からのメッセージ。

 

生きているだけでも価値がある。

そう思って良いと思う。

別に死んでないだけマシだろ。

死んでないだけで、家族は悲しませていない。

死んでいないだけで、いいじゃん。

 

人間っていうのは愚かな生き物で、

当たり前にできているときは、当たり前にできるそれに対して感謝しなくなる。

本来、生きていること自体が奇跡なのだし、

あなたが生まれてきたっていうことは宇宙の神秘がそこには存在している。

そもそも宇宙ができたことから奇跡で、

銀河系ができたのも奇跡で、

太陽系ができたのも奇跡で、

ちょうど良い太陽からの距離に地球ができたのも奇跡で、

宇宙創成から奇跡の連続。

その奇跡の連続から人間が生まれて、

親が生まれて、親から自分が生まれてきたのはもっと奇跡的だ。

普段はこんなことを考えることができない。

みんな忙しく生きてしまうから。

風邪を引いたときくらいしか思い出せない。

自分がどれだけ神様に愛されているのか、忘れてしまう。

本来、当たり前なことなんて何一つないのだし、

今ある当たり前は一瞬にして消えることはあり得る。

隕石が降ってきたら、一瞬で死ぬし、

富士山が噴火したら、日本の都市機能は崩壊するし、

南海トラフ自身がきたら、多くの人が死ぬ。

めちゃくちゃ強力なウイルスが開発されて、

それがばらまかれたら、もっとたくさんの人が死ぬし、

太陽が爆発したら、地球もろともなくなる。

 

想像の域をでないかもしれない。

でもすべてあり得ることだ。

あり得ないなんてことはあり得ない。

すべて可能性はゼロではない。

 

今ある日常なんて針の上に成り立つような脆弱極まりないものなのだ。

そうやって、ちょっとした妄想をすると、

多少は生きるのが楽になる。

どうせいつかは死ぬし、

どうせ奇跡的に生まれてきただけだし、

どうせこんな文明もいつか霧散する。

 

だからこそ、普段の生活ではなるべくそれに感謝しなければならないし、

せっかく風邪を引いたりしたのなら、

そういう当たり前にあった当たり前ではないものに思いを馳せてみるのも良いのかもしれない。

 

別に僕が風邪を引いたわけではありませんので、心配無用。

ただ思うところがあったので書いたまでです笑

大学生のうちにやっておくと良いこと(主観の限りを尽くした主観)

大学生のうちにやっておいて良かったことについて書いてみようと思う。

結論から

目次にある通りである。

これは俺の思想であり、

俺の思うところだから、

俺にしか当てはまらないかもしれないし、

単に自分のやってきたことを肯定しておきたいだけなのかもしれない。

ただ、曲がりなりにも大学生をやってきた身として、

大事なのではないかということについて考えてみた。

長ったらしい小説を読破する

大学生はとにかく暇になればいいと思う。

何もしなくてもいい日をどれだけ経験したかが大事だと思う。

多くの大学生は、とにかく予定を詰め込んで、

できるだけ暇と向き合わないで済むようにしてしまう。

別にその人の思想だからどうでもいいのだけれど、

暇になるのが怖いから忙しくしておこうというのは、

問題の解決にはなっていないし、

せっかくの暇な時間をもっと有意義に使ってもいいのではないかとも思う。

とは言いつつ、僕は忙殺されるだけの体力がないだけだし、

忙殺されるのが嫌いだから暇である方を選んだだけなので、

別に僕の選択が正しかったという確証はない。

けれど、暇な時間を暇なままにして、

その時間に長ったらしい小説をたくさん読めたのは良かったことだと思う。

長ったらしい小説なんて社会人になってから読む気が起きるだろうか。

僕は起きないだろうと思うから、

暇な大学生ならではの体験だったと思う。

どうせ社会人になったら忙殺されるのだから、

大学時代くらいは暇を持て余してみるのも悪くないのかもしれない。

暇すぎるのは辛いことだったりする。

暇すぎて誰とも会わなくなって、ずっと本を読んでいるのだけれど、

本を読んでいると一定の時間で疲れてしまう。

その疲れたあとの時間というのはどうしようもなく暇で、

その時間というのは、あまり経験できるものではないから、

大学生のうちに経験しておくと良いのではないだろうか。

心底向いていないと思うことを一ヶ月限定でやってみる

これは4回生になってから体験したことだけれど、

自分には全く向いていないことをやってみるのも大事なことだと思う。

人間にはその人なりに向いている分野がある。

俺には俺の、あなたにはあなたの、それなりに向いている分野がある。

だからこそ、暇な大学生は、心底向いていないことを1ヶ月限定でやってみることをおすすめする。

俺自身、やってみてわかったけれど、本当に向いていないことは本当に向いていないのだ。

俺は頭を使う仕事のほうが向いている。

知性を発揮させて、知力のすべてを活用していくほうが楽しいし、疲れもしない。

けれど僕には体力がないから、肉体労働は苦手だし、

特に飲食店のホールは向いていなかった。

たぶん苦手だろうなと思って4回生になるまで避けて通ってきたのだけれど、

実際にやってみて、心底向いていないなと悟った。

長い人生の中で、なるべく得意なことで勝負していくことが大事だと思うけれど、

最低限、自分がどうしようもなく苦手なことで勝負しないようにする必要がある。

それには自分が何に向いていないかを知る必要がある。

別に実際にやらなくてもだいたい予想はつくと思う。

大学生ともなればそれなりに自分という存在である期間があるのだから、

それなりに自分というものを理解しているはずだ。

けれど、体感としてわかっているのと、

頭で理解しているのとでは、深さが違う。

心底苦手だと悟るのが大事だと思うのだ。

それには失敗が必要だし、

ちゃんと物理的に、もしくは精神的に傷つかなければならない。

無傷で得られる悟りには深さが足りない。

自分の身を使って体感した悟りこそ本物だ。

だからこそ、自分の身を使ってめちゃくちゃに苦手なことをやってみてほしい。

死にたいという気持ちをどうやりすごすのかを模索する

こんなことを人には言わないし、

わざわざいうほどのことでもないのだけれど、

割と昔から死にたいという気持ちと同居している。

もしくは世界なんて滅んでしまえばいいのにという思いとも同居している。

よくする妄想は、もし世界のすべての人間が一瞬にして滅んだら?というものだ。

こんな妄想をよくする人間は憂鬱な気持ちといつも同居しているから、

たまに死にたくなったりするのだ。

特に、コロナというものとも相まって、

死にたいなという気持ちが増幅された大学時代だったと記憶している。

幾度となく死にたいと思ったわけだけれど、

こうして生きてブログを書いている。

それなりに努力してその死にたいという気持ちと向き合う術を身につけた。

その技術は一朝一夕に身についたわけではなく、

自分の心に血を流しながら会得したものだ。

だから別に人に教える気はないし、

それがそのまま他人に当てはまるものではない。

あくまで自分で見つけるものだし、

そうしなければ意味をなさない技術だ。

今後もたぶん死にたくなるだろうけれど、

死なずにやっていく確率は高い。

自分というシステムを理解し、

自分をコントロールするチーフエンジニアとして、

僕は高い技術力を獲得した。

そういう自分をコントロールするための技術を身につけるには4年間という期間はちょうど良かったように思う。